くらし情報『片道4,490円~で山形県庄内へ!東北の食の都でグルメと和の文化を堪能する1泊2日旅。』

2019年8月29日 12:00

片道4,490円~で山形県庄内へ!東北の食の都でグルメと和の文化を堪能する1泊2日旅。

片道4,490円~で山形県庄内へ!東北の食の都でグルメと和の文化を堪能する1泊2日旅。


そんな庄内エリアでいま注目を集めているのが、酒田市にあるフレンチレストランの〈リストランテ NICO〉です。

片道4,490円~で山形県庄内へ!東北の食の都でグルメと和の文化を堪能する1泊2日旅。


地元庄内の食材を贅沢に使った地産地消が特徴で、県外からのリピーターも多いとか。

片道4,490円~で山形県庄内へ!東北の食の都でグルメと和の文化を堪能する1泊2日旅。


コースの前菜で登場した「黒バイ貝のコロッケ」。

ディナーもショートコースならなんと2,700円〜とリーズナブルなのも魅力。今回は、アミューズ、前菜、スープ、お肉料理、お魚料理、パン、デザート、コーヒーというフルコースのCコース(5,200円)をいただきました。

片道4,490円~で山形県庄内へ!東北の食の都でグルメと和の文化を堪能する1泊2日旅。


コースの前菜で登場した「黒バイ貝のコロッケ」は、苔玉のような見た目でびっくり。衣の上からパセリの粉をまぶしているそうで、ナイフを入れると中からシイタケとバイ貝のバターソース和えがお目見え。アーティスティックな見た目と、斬新な食材の組み合わせ、五感を楽しませてくれる料理に感動しました。

片道4,490円~で山形県庄内へ!東北の食の都でグルメと和の文化を堪能する1泊2日旅。


この時期が旬の庄内産岩ガキもそのままではなく、ミントと炭酸水を合わせたジュレを添えてモヒート風に。

片道4,490円~で山形県庄内へ!東北の食の都でグルメと和の文化を堪能する1泊2日旅。


庄内産のスズキに黒オリーブソースを塗って焼きあげ、ザワークラウトとエストラゴンのソースを合わせた料理も、酸味やハーブの香りが活きて爽やか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.