くらし情報『【京都旅】いま注目の和菓子屋3軒!手土産にしたい老舗名店の伝統銘菓アレンジも。』

2019年8月29日 12:00

【京都旅】いま注目の和菓子屋3軒!手土産にしたい老舗名店の伝統銘菓アレンジも。

目次

・1.〈亀屋友永〉インスタグラムで、生菓子の物語を発信。
・2.〈おやつaoi〉日常のおやつだから、季節感を取り入れたい。
・3.〈tubara cafe〉大切に育まれた和菓子の文化を巣の中の卵に見立てて。
・Hanako『京都の、ほんと。』特集では、京都の楽しみ方を多数ご紹介しています!
【京都旅】いま注目の和菓子屋3軒!手土産にしたい老舗名店の伝統銘菓アレンジも。


何十年、何百年と続く和菓子屋が多いこの地で、長年受け継がれてきた技術や感性を、次の世代にどう伝えるか。「昔ながら」で、かつ「新しい」和菓子の流れがありました。Hanako『京都の、ほんと。』「お菓子とおやつの元気なNEXT GENERATIONS!」より、京都の和菓子屋3軒をご紹介します。

1.〈亀屋友永〉インスタグラムで、生菓子の物語を発信。

「京都人は新しいことが好きである」とはよく言われる話。伝統を重んじるお菓子の世界で、今、時代をとらえた女性たちの活動が際立つ。

【京都旅】いま注目の和菓子屋3軒!手土産にしたい老舗名店の伝統銘菓アレンジも。


銘菓「松露」で知られる和菓子店。

【京都旅】いま注目の和菓子屋3軒!手土産にしたい老舗名店の伝統銘菓アレンジも。


和菓子職人・名主川千恵/〈亀屋友永〉に勤める。2018年よりInstagram(@wagashinuna724)で、自身のオリジナルデザインの和菓子を、物語を添えて投稿し話題に。個人名義でイベントに出店することも。

「一つの生菓子には深いストーリーが込められています。この小さなお菓子が持つ美しい情景を、分かる人だけが分かればいいというのはもったいないと思ったのです」とは、和菓子職人の名主川千恵さん。〈亀屋友永〉に勤めながら、自身のインスタグラムで和菓子を1年間毎日配信し、またたく間にフォロワーを増やした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.