くらし情報『“海老蔵”としての最後の機会。「市川海老蔵展」が〈日本橋髙島屋S.C.〉にて開催中!2019年9月8日まで。』

2019年8月29日 19:00

“海老蔵”としての最後の機会。「市川海老蔵展」が〈日本橋髙島屋S.C.〉にて開催中!2019年9月8日まで。

目次

・歌舞伎俳優として、ひとりの人間として。市川海老蔵の軌跡をご紹介。
・十三代目市川團十郎白猿襲名記念「市川海老蔵展」開催概要
“海老蔵”としての最後の機会。「市川海老蔵展」が〈日本橋髙島屋S.C.〉にて開催中!2019年9月8日まで。


成田屋の伝統を継ぐ歌舞伎俳優であり、映画やテレビドラマで多様な役を演じる表現者であり、家族を愛するひとりの父親でもある、市川海老蔵。来年に十三代目市川團十郎白猿を襲名することを記念し、“海老蔵”としての最後の機会となる展覧会が2019年8月21日(水)〜2019年9月8日(日)まで、〈日本橋髙島屋S.C.〉8階ホールにて開催中です。その見所を要チェック!

歌舞伎俳優として、ひとりの人間として。市川海老蔵の軌跡をご紹介。

“海老蔵”としての最後の機会。「市川海老蔵展」が〈日本橋髙島屋S.C.〉にて開催中!2019年9月8日まで。


(C)Takeshi Hanzawa

成田屋360年の歴史として、市川團十郎家が代々継承する成田屋縁の品々や貴重な資料を展示。また、市川團十郎家の家の芸として継承される「歌舞伎十八番」。

“海老蔵”としての最後の機会。「市川海老蔵展」が〈日本橋髙島屋S.C.〉にて開催中!2019年9月8日まで。


歌舞伎十八番の内「暫」(C)松竹

衣裳や写真を展示し、歴代團十郎が得意とした荒事の姿など十八番の魅力を伝えます。

“海老蔵”としての最後の機会。「市川海老蔵展」が〈日本橋髙島屋S.C.〉にて開催中!2019年9月8日まで。


「六本木歌舞伎」第二弾「座頭市」(C)松竹

歌舞伎を身近に感じて欲しいという思いから自ら企画政策を行う「ABKAI」や、映画監督三池崇史氏とのタッグで話題となった「六本木歌舞伎」など、海老蔵が創造する新作歌舞伎を衣裳や映像ともにご紹介いたします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.