くらし情報『“豊かな暮らし”を日々実感できる場所。器と雑貨のセレクトショップ〈copse〉店主が魅了された都会田舎、石神井へ。』

2019年8月30日 18:00

“豊かな暮らし”を日々実感できる場所。器と雑貨のセレクトショップ〈copse〉店主が魅了された都会田舎、石神井へ。

“豊かな暮らし”を日々実感できる場所。器と雑貨のセレクトショップ〈copse〉店主が魅了された都会田舎、石神井へ。


大泉学園駅より徒歩10分、石神井公園にほど近い、住宅街の商店街にひっそりと佇む〈copse(コプス)〉。さまざまな表情の国内作家の器や、着心地のいい洋服、毎日のごはんやおやつが待ち遠しくなる調味料や焼き菓子など、暮らしに添えたくなる衣食住のアイテムがひしめきます。そもそもは、「暮らす」目的で石神井に引っ越してきた店主の小森知佳さん。お店を開いた理由には、住んで実感したこの街の魅力があふれていました。

住んでみて魅了された、都会なのに田舎のような自然を身近に感じられる環境。

“豊かな暮らし”を日々実感できる場所。器と雑貨のセレクトショップ〈copse〉店主が魅了された都会田舎、石神井へ。


20年ほど前から石神井に暮らしながら、中央線沿線に引っ越したいと考えていた小森知佳さん。石神井に長年暮らすことや、ましてやお店を持つなんて当初は考えてもいなかったそう。「公園の近くに住みたいと思っていて、でも希望するエリアになかなか予算が合う物件が見つからず。偶然、石神井公園の近くの物件に出合って、なかば『ま、いっか』という気持ちで石神井に根をおろすことになりました」

妥協にも近い気持ちで続けることになった石神井暮らし。ところが、新居に引っ越し、今まで知らなかった魅力に気づかされます。

「それまでは石神井公園駅の環八寄りに住んでいたのですが、同じエリアでも公園付近のことはよく知らなかったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.