くらし情報『京都で初めての“分散型ホテル”。5棟でひとつのホテル〈ENSO ANGO〉で、新しいステイを。』

2019年9月2日 18:00

京都で初めての“分散型ホテル”。5棟でひとつのホテル〈ENSO ANGO〉で、新しいステイを。

目次

・5棟を相互利用できる“分散型”が新しい。
・京都のクラフトやカルチャーに触れる。
・〈ENSO ANGO〉
京都で初めての“分散型ホテル”。5棟でひとつのホテル〈ENSO ANGO〉で、新しいステイを。


京都はこの数年、宿泊施設のオープンラッシュを迎えている。しつらえだけでなく、滞在方法までも工夫するなど、新しさに敏感な京都だから実現した宿のカタチを見てみましょう。今回は、5棟を相互利用できる“分散型”が新しいホテル〈ENSO ANGO〉をご紹介。

5棟を相互利用できる“分散型”が新しい。

次々とホテルがオープンしている京都で最近増えているのは、アーティストがコンセプトやデザインを手がけるホテル。なかでも、規模とクオリティがずば抜けていたのが、昨年秋にオープンした〈ENSO ANGO〉だ。

京都で初めての“分散型ホテル”。5棟でひとつのホテル〈ENSO ANGO〉で、新しいステイを。


京都で初めての〝分散型ホテル〞として、四条通と五条通の間のもっともにぎわう中心市街地に5棟同時に開業して人々を驚かせた。

京都で初めての“分散型ホテル”。5棟でひとつのホテル〈ENSO ANGO〉で、新しいステイを。


内田デザイン研究所が手がけた麸屋町通 Ⅱのコンセプトは「伝統と現代を行き来する場の精神性」。中庭を望むロビーには内田繁氏がデザインし、世界の美術館にも収蔵されている茶室と立礼卓が配置されている。

一般的なホテルで宿泊者が過ごす場所といえば、客室と少しの共用スペースに限られていることが多いが、「5棟でひとつのホテル」と考えるこの宿では、宿泊者が各ホテルのラウンジなどを相互利用できるシステム。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.