くらし情報『一度は食べてみたい!高級江戸前寿司の名店〈銀座寿司幸本店〉の伝統・進化系メニューを調査。』

2019年10月5日 18:00

一度は食べてみたい!高級江戸前寿司の名店〈銀座寿司幸本店〉の伝統・進化系メニューを調査。

目次

・受け継がれる伝統の味に想いを馳せ、食す愉しみ。
・130年前の創業時からの味と〈寿司幸〉伝統の味。
・時代に合わせて創造してきた成熟した味わい。
・〈銀座寿司幸本店〉
・2.江戸から明治はテイクアウトが主流。
・3.関東大震災以後カウンターが広まる。
・4.震災復興後から職人が立って握るように。
・Hanako『大銀座、三都物語。』特集では、大銀座エリアの楽しみ方を多数ご紹介しています!
一度は食べてみたい!高級江戸前寿司の名店〈銀座寿司幸本店〉の伝統・進化系メニューを調査。


いまや世界の高級食として支持される江戸前寿司。その流れを作った銀座の地で、由緒ある本物の仕事をする名店〈銀座寿司幸本店〉を訪れ、江戸前寿司の本質に迫りました。Hanako『銀座・丸の内・日本橋 大銀座、三都物語。』「江戸前寿司の文化を知り、味の奥行きを知る。」よりお届け。

受け継がれる伝統の味に想いを馳せ、食す愉しみ。

現代で私たちが食べている握り寿司は、1800年代の初めに江戸の寿司職人である華屋与兵衛が考案したといわれている。下拵えした魚の切り身を手のひらで握った酢飯にのせて供したのが始まりだ。冷蔵設備がない時代に魚を長く保存するために知恵を絞り、ひと手間加えるのが江戸前流。当時の握りは大きく、〝一貫一口半〞といわれていた。銀座にはそんな江戸前寿司の仕事を受け継ぎ、現代の味覚に合う味を探求しながら客をもてなしてくれる高級寿司店が軒を連ねる。

一度は食べてみたい!高級江戸前寿司の名店〈銀座寿司幸本店〉の伝統・進化系メニューを調査。


銀座で130年以上歴史を刻んできた〈銀座寿司幸本店〉では、江戸前寿司の真髄に触れながら、上質な寿司を堪能することができる。4代目として店を切り盛りするご主人の杉山衛さんは話す。
「15年くらい前は接待でいらっしゃるお客さんが6〜7割でしたが、いまは仲間やパートナーと訪れる方、仲の良い会社同士の方などさまざまです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.