くらし情報『続々オープン!1日中読書ができる滞在型スポット3軒。【東京】ホステルから有料本屋まで。』

2019年10月11日 17:50

続々オープン!1日中読書ができる滞在型スポット3軒。【東京】ホステルから有料本屋まで。

3.〈文喫〉/六本木

続々オープン!1日中読書ができる滞在型スポット3軒。【東京】ホステルから有料本屋まで。


東京メトロ日比谷線の六本木駅から徒歩1分。〈青山ブックセンター六本木店〉の跡地に誕生した〈文喫〉は、“本と出会うための時間と場所を提供する” 新しいカタチの本屋さん。「入場料を支払って利用する」というこれまでにない試みに挑むことでも注目を集めています。

続々オープン!1日中読書ができる滞在型スポット3軒。【東京】ホステルから有料本屋まで。


まず目に入るエントラスは、本にまつわる企画展を行う展示室になっています。2019年1月31日(木)までは、10年ぶりに復刊を果たす雑誌『hinism(ヒニスム)』を中心とした企画展『雑誌の力』を開催中。展示テーマは1カ月ごとに変わるので、訪れるたびに新たな本の世界に出会えます!

続々オープン!1日中読書ができる滞在型スポット3軒。【東京】ホステルから有料本屋まで。


展示室の横のスペースには、約90タイトルの雑誌が壁一面にずらり! これはもう、雑誌好きにはたまらない空間です。

続々オープン!1日中読書ができる滞在型スポット3軒。【東京】ホステルから有料本屋まで。


雑誌が並ぶ棚は一つ一つ開けることができ、中には各雑誌のテーマにまつわる本が。「雑誌を起点に思いもよらない本と出会ってほしい」という思いが込められています。展示室からこちらのスペースまでは無料で楽しめるので、まずは試しに覗いてみてくださいね。

続々オープン!1日中読書ができる滞在型スポット3軒。【東京】ホステルから有料本屋まで。


レセプションで入場料の1,500円を支払い、入館バッチを受け取ると2階の有料エリアを利用することができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.