くらし情報『地元の人々が「ここに住んでいてよかった」と思える場を。多目的スペース〈つむじ〉から発信する東村山の魅力とは。』

2019年10月25日 18:00

地元の人々が「ここに住んでいてよかった」と思える場を。多目的スペース〈つむじ〉から発信する東村山の魅力とは。

地元の人々が「ここに住んでいてよかった」と思える場を。多目的スペース〈つむじ〉から発信する東村山の魅力とは。


「つながる人すべての暮らしを豊かにする」を経営理念に、地域の人々とのつながりを大切にしている建設会社「相羽建設」は西武鉄道新宿線「東村山」駅の近くにあります。社長・相羽健太郎さんは、会社がある東村山を「ここに住んでよかったと思えるような街にしたい」との思いから、地域のコミュニティとなる多目的スペース〈つむじ〉をオープン。〈つむじ〉ができたことで、人のつながりが生まれ、新たな交流が生まれ始めています。

「東村山っておもしろいね!」と思ってもらえるために建設会社ができること

地元の人々が「ここに住んでいてよかった」と思える場を。多目的スペース〈つむじ〉から発信する東村山の魅力とは。


「相羽建設」は創業して今年で49年目。相羽健太郎さんは今から10年前に義父から事業継承し、代表取締役になりました。就任して真っ先にしたことは、スタッフ全員とともに経営理念を定義し直すことと、事業を拡大するために事業所の地域を広げるのか、あるいは地元にどっしりと根付いた仕事をしていくのか質問することでした。スタッフみんなの答えは「地元・東村山で働きたい」。働き方が定まったことで、経営理念はスムーズに「つながる人すべての暮らしを豊かにすること」に決まったそうです。

「スタッフの意見を参考に、地域の人たちとの関わりを今まで以上に大切にしたいと考えるようになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.