くらし情報『「マイブーム」で新語・流行語大賞受賞。みうらじゅんさんに聞く、“偏愛”のススメ。』

2019年11月1日 18:35

「マイブーム」で新語・流行語大賞受賞。みうらじゅんさんに聞く、“偏愛”のススメ。

目次

・入り口が“打ち出” だったのに、還暦やダイソンのドライヤーみたいな違う出口が見つかる。
・まあ偏愛といっても、きっと僕のは世間から見たら「変」な方の愛だから。「変愛」ですね( 笑)。
・Teacher みうらじゅんさん
・Hanako『自分を高める学びの場へ』特集では、習い事&学びを多数ご紹介しています!
「マイブーム」で新語・流行語大賞受賞。みうらじゅんさんに聞く、“偏愛”のススメ。


ゆるキャラ、いやげもの、バカ映画など、自身の「好き」を楽しみながら、自由に仕事をしている人。一見ムダに思えても“気になったこと”には首を突っ込んでみると意外な「好き」に巡り合えたりするのかもしれない。Hanako『自分を高める学びの場へ』「爆発する知識欲!」よりお届け。

入り口が“打ち出” だったのに、還暦やダイソンのドライヤーみたいな違う出口が見つかる。

「マイブーム」で新語・流行語大賞受賞。みうらじゅんさんに聞く、“偏愛”のススメ。


田舎の家とかによく、打ち出の小槌ってありますよね。赤い座布団にのせられて床の間に飾られていたりするやつです。あの〝打ち出〞が1年半くらい前から気になり始めてね。欲しくなったというより、〝いらないな〞と強く感じたんですよ(笑)。それで、じゃあわざと買ってみるしかないなと思ったわけです。

そのとき買ったのは九谷焼の小さな打ち出なんだけど、2万円くらいしてね。でも、とりあえず、いらないものは最初は高いものを買わなきゃダメでしょ。ハマるためには出だしの出費が多ければ多いほどいいわけでね。お金をそんなモノに使ってしまうと人間って、どうにかして元を取ろうとするもんですから(笑)。

ネットでそれを買うときに名前を聞かれたんです。するとね、届いたら打ち出と一緒になぜか「還暦祝みうらじゅん様」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.