くらし情報『小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【前編】。』

2019年11月21日 15:00

小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【前編】。

目次

・小説家・壺井栄の作品に描かれた郷土料理のランチを。
・あの空海も立ち寄った〈碁石山〉で小豆島の絶景を堪能。
・『瀬戸内国際芸術祭 2019』参加作品が見られる〈GEORGES gallery〉へ。
・地元産食材を活かした絶品イタリアン〈リストランテ フリュウ〉でディナー。
・全室オーシャンビューの〈ベイリゾートホテル小豆島〉に宿泊。
小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【前編】。


忙しい日々を送っていると、たまにはのんびりした穏やかな気候の下、おいしいご飯を食べたりゆったりした時間を過ごしたくなりますよね。そんな人にオススメなのが、東京から一泊二日でも行けてしまう香川県・小豆島の旅!今回はアートに触れたり、瀬戸内の食の恵みをいただいたり、女子旅にもぴったりなコースを巡ってきましたのでご紹介します。後編の記事はこちらからどうぞ。

小説家・壺井栄の作品に描かれた郷土料理のランチを。

小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【前編】。


東京・羽田空港から朝7時半ごろの飛行機にのって高松空港へ行き、そこから高松築港までバスでアクセスし、港から高速船に乗るとお昼頃には小豆島に到着します。

小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【前編】。


小豆島でのランチにオススメなのが、海沿いに佇む〈創作郷土料理 暦〉。

小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【前編】。


こちらは『二十四の瞳』などで知られる小豆島出身の小説家・壺井栄の作品に描かれた小豆島の食文化や郷土料理をリサーチし、それをイメージした料理を提供しているお店です。

小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【前編】。


前菜「太刀魚の背ごし、揚げなんきんふこし、芋ねり」と小鉢「枝豆胡麻豆腐小豆島産オリーブオイル塩」。

今回いただいたお昼のミニコース「はしり」(2,000円、要予約)では、小豆島の代表的な食産業のオリーブをはじめ、醤油やそれを活用した佃煮、また約400年の歴史を誇る手延べそうめんなどを使用。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.