くらし情報『小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【後編】。』

2019年11月21日 15:00

小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【後編】。

目次

・瀬戸大橋が一望できるラウンジも併設!〈香川県立東山魁夷せとうち美術館〉。
・ランチは抜群のロケーションで堪能する香川名物「讃岐うどん」を!
・瀬戸内海の絶景を堪能!「瀬戸大橋スカイツアー」へ。
・総高日本一を誇る、現存十二天守の一つ〈丸亀城〉。
・1泊2日でギュギュッと満喫できる香川・小豆島の旅。
小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【後編】。


忙しい日々を送っていると、たまにはのんびりした穏やかな気候の下、おいしいご飯を食べたりゆったりした時間を過ごしたくなりますよね。そんな人にオススメなのが、東京から一泊二日でも行けてしまう香川県・小豆島の旅!後編では瀬戸大橋にのぼるスカイツアーや、香川名物のうどん店訪問など、高松、丸亀周辺のおすすめスポットを紹介します。前編の記事はこちらからどうぞ。

瀬戸大橋が一望できるラウンジも併設!〈香川県立東山魁夷せとうち美術館〉。

小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【後編】。


ホテルで朝食を食べたら、出発し2日目は高松へ。

小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【後編】。


高松築港へは、小豆島から車のまま乗り込めるフェリーに乗って約1時間で到着します。ちなみにフェリーの中でも香川名物のうどんが味わえますよ。

小豆島と丸亀城、瀬戸大橋をのんびり巡る贅沢な香川1泊2日旅【後編】。


午前中は、アート鑑賞をしに〈香川県立東山魁夷せとうち美術館〉へ。

東山魁夷は明治41(1908)年に横浜で誕生した画家。東京美術学校(現・東京藝術大学美術学部)を卒業後、戦禍や肉親の死などの苦難の中、「残照」(1947年)で高い評価を受け、現在では昭和を代表する日本画家と称されています。

本人は香川出身ではありませんが、祖父が坂出市櫃石島出身であることから、魁夷と香川には深いゆかりがあるそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.