くらし情報『はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】』

2019年11月22日 21:00

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】

目次

・『崖の上のポニョ』の舞台となった、ノスタルジックな海辺の町「鞆の浦」。
・〈和食処 登美将〉で、たこのフルコースランチを堪能!
・〈えびす家本店〉名物のたこの食感が不思議な「たこもみじ」。
・“安芸の小京都”とも呼ばれるしっとりと風情のある街並みが続く、「竹原」を散策。
・いよいよお楽しみの「はしご牡蠣」を体験!
・広島風お好み焼きの上に、牡蠣がてんこ盛り!「はしご牡蠣」1軒目〈広島赤焼 えん〉。
・世界のビールを合わせて牡蠣グルメが味わえる、「はしご酒」2軒目〈EATORY〉。
・冷凍レモンとトマト入りの「究極のレモンサワー」で〆!「はしご酒」3軒目〈広島らーめんたかひろ〉。
はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


広島県といえば、全国でも生産量1位を誇る牡蠣の産地。今回は、10月からシーズンを迎え、美味しくなった牡蠣グルメが味わえるおすすめのスポットをご紹介します。「はしご酒」のように何軒もお店をめぐる「はしご牡蠣」体験のほか、映画のロケ地で有名な「鞆の浦」や美しい街並みを残す安芸の小京都「竹原」など、広島に行くなら訪れるべき話題の観光地も合わせてめぐります!

『崖の上のポニョ』の舞台となった、ノスタルジックな海辺の町「鞆の浦」。

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


岡山県との県境にある、広島県福山市にある昔ながらの街並みが残る港町「鞆の浦(とものうら)」。実は、ジブリ映画『崖の上のポニョ』の舞台となった街で宮崎駿監督も滞在されていたとのことで注目を集め、訪れる観光客も多いのだとか。

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


映画の中で登場する、『ひまわりの家』という老人ホームのモデルとなった〈鞆の浦さくらホーム〉。こちらは江戸時代に建てられた商家を改装して使用されているそうです。

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


細い通りや坂道が多くて、昔から使われてきたという趣を感じさせます。鞆の浦の中には、270年前からの江戸時代の街並みを残す重要文化財となっている通りも。

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


1690年ごろ創建されたという、歴史のある〈福禅寺〉の客殿「対潮楼」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.