くらし情報『はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】』

2019年11月22日 21:00

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


目の前の鉄板で、店員さんが巧みな手さばきでお好み焼きを焼き上げてくれます。大阪風と違って生地が薄いですね。

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


完成したお好み焼きの上に、鉄板で炒めた牡蠣をどっさり載せて「マシマシ牡蠣」(2,315円)が完成。1つのお好み焼きの上になんと牡蠣が10個以上も載っていて、まさに牡蠣のてんこ盛り!

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


ソースが控えめな味付けで、牡蠣そのものの旨みがしっかり味わえました。鉄板の上で炒めた牡蠣はぷりっぷりの食感。お好み焼きを食べているのか牡蠣を食べているのか分からくなるほど牡蠣がたっぷり入った、贅沢な一品でした。

〈広島赤焼 えん 駅西本店〉
広島県広島市南区大須賀町13-19

世界のビールを合わせて牡蠣グルメが味わえる、「はしご酒」2軒目〈EATORY〉。

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


「はしご牡蠣」2軒目は、世界中のビールが牡蠣グルメとともに味わえる〈EATORY(アトリ)〉。「エキニシ」エリアの中にあり、先程のお店からは歩いて2〜3分の近さです。
はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


手前左から「広島県産牡蠣の天ぷら」(1個・150円)、「牡蠣グラタン」(880円)、「広島県産牡蠣のアヒージョ」(780円)。

はしご酒ならぬ「はしご牡蠣」を体験!広島で牡蠣グルメを味わい尽くす旅。【前編】


実はこちらのお店は世界中を旅したオーナーが作ったというだけあって、世界31ヵ国52種類ものビールが味わえるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.