くらし情報『親子3人で守る、街の笑顔。【自由が丘】創業70年を超える老舗和菓子〈大文字〉の変わらない味。』

2019年11月30日 13:00

親子3人で守る、街の笑顔。【自由が丘】創業70年を超える老舗和菓子〈大文字〉の変わらない味。

目次

・父と息子、親子3人で守る創業当時から変わらない味。
・日々の暮らしや祝い事に寄り添ってみんなを笑顔にしてきた和菓子。
・〈大文字〉
・Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』では、自由が丘の楽しみ方を多数ご紹介しています!
親子3人で守る、街の笑顔。【自由が丘】創業70年を超える老舗和菓子〈大文字〉の変わらない味。


自由が丘という街で世代を超えて愛されている老舗和菓子店。店から見守ってきた街の変遷を店主に語ってもらいました。Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』「変わりゆく街と変わらないお団子の味。」よりお届け。

父と息子、親子3人で守る創業当時から変わらない味。

親子3人で守る、街の笑顔。【自由が丘】創業70年を超える老舗和菓子〈大文字〉の変わらない味。


惣菜や婦人服の店が連なり、レトロな雰囲気漂うアーケード街「自由が丘ひかり街」。3代続く和菓子店〈大文字〉は商店会、建物の設立時からこの場所で、自由が丘の変遷を見守ってきた。

親子3人で守る、街の笑顔。【自由が丘】創業70年を超える老舗和菓子〈大文字〉の変わらない味。


店頭には約30種類の和菓子が並び、老若男女の客が次々と訪れる。看板商品は焼いてからみたらしあんをかけた焼だんご 110円。

親子3人で守る、街の笑顔。【自由が丘】創業70年を超える老舗和菓子〈大文字〉の変わらない味。


店の奥に厨房がある。現在の建物になって62年だが、創業してからは70年を超える老舗。

親子3人で守る、街の笑顔。【自由が丘】創業70年を超える老舗和菓子〈大文字〉の変わらない味。


丁寧にあんこを炊く2代目の敬四郎さん。

「オープンした時のことはよく覚えています。昔はスーパーがない時代だから、生鮮食品や佃煮、練り物とかのお店がいっぱいあって、今よりもにぎわっていました。綺麗な街ではなかったけど、映画館など娯楽も充実していて、人が集まる街でしたね」と、2代目の大橋敬四郎さん。もともと個人店が多くこぢんまりとした街だったが、〈大丸ピーコック〉や〈東急〉など大型店が次々と増え、街が広がって、変化を遂げた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.