くらし情報『山形・鶴岡に移住した夫婦が開いたカフェ&セレクトショップ〈manoma〉。ヒト・モノ・コトが行き交う場に。』

2020年1月1日 12:00

山形・鶴岡に移住した夫婦が開いたカフェ&セレクトショップ〈manoma〉。ヒト・モノ・コトが行き交う場に。

目次

・〈manoma〉は「間の間」。ヒト・モノ・コトが行き交う場。
・何百年と続いてきたものを未来へつないでいく。
・珍しい山形の野菜。どんな味、香りだろう。
・〈manoma〉/鶴岡
山形・鶴岡に移住した夫婦が開いたカフェ&セレクトショップ〈manoma〉。ヒト・モノ・コトが行き交う場に。


つい半年前まで神奈川在住で、都心を中心にバリバリ活動していたフードユニット「つむぎや」のマツーラユタカさんと、ディスプレイなどを手がけるミスミノリコさんが、山形県鶴岡市に拠点を移し、店を開いたという。なぜ、鶴岡へ。

〈manoma〉は「間の間」。ヒト・モノ・コトが行き交う場。

山形・鶴岡に移住した夫婦が開いたカフェ&セレクトショップ〈manoma〉。ヒト・モノ・コトが行き交う場に。


「鶴岡出身で20歳くらいまでいて。鶴岡の魅力に外へ出てから気づきました」と話すのはマツーラさん。

山形・鶴岡に移住した夫婦が開いたカフェ&セレクトショップ〈manoma〉。ヒト・モノ・コトが行き交う場に。


農家を営む五十嵐大輔さんの柿畑から車で〈manoma〉へ向かう道すがら、見える月山。鶴岡のランドマーク。

鶴岡市は三山詣でると生まれ変わるといわれている羽黒山・月山・湯殿山の出羽三山、その眼下に庄内平野、日本海という地形で、山の幸、海の幸に恵まれた街。
「鶴岡は今でも山伏がいるんです。普段は里に住み、秋の時季などに山に入り修行をし、祈りをささげます。山伏は山と里や、神と人など、物事の間と間を取り持つ存在。そんな山伏信仰からインスパイアされて店名も〈manoma〉(間の間)と名付けました。だから、カフェだけではなく、全国にいるものづくりをしている友人たちの作品を置いたり、ワークショップを行ったりして、人やモノが交わる場になればと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.