くらし情報『初詣は、東京随一のパワースポット〈明治神宮〉参拝へ。おすすめの撮影スポットはここ!』

2019年12月28日 18:00

初詣は、東京随一のパワースポット〈明治神宮〉参拝へ。おすすめの撮影スポットはここ!

目次

・鎮座100年を迎える、首都東京の〝まごころの杜〞。
・今の風景とはまったく違う、明治神宮近辺の100年前。
・【Check1】御祭神をお祀りするご本殿。新たな銅板屋根が厳かに輝く。
・【Check2】台湾産の檜で作られた大鳥居。木造として日本一の高さを誇る。
・【Check3】隠れたパワースポット!?2020年、撮影スポットはここで。
・【Check4】愛に満ちあふれた明治神宮。境内にハート形の猪目。
・【Check5】明治天皇が昭憲皇太后のために。ゆかり深い名苑「明治神宮御苑」。
・〈明治神宮〉
・Navigator 風水師・李家幽竹さん
・Hanako『幸せを呼ぶ、神社とおてら。』特集では、おすすめの神社とお寺を多数ご紹介しています!
初詣は、東京随一のパワースポット〈明治神宮〉参拝へ。おすすめの撮影スポットはここ!


明治天皇・昭憲皇太后を慕う国民の声によって1920年に創建。100年、200年先を見据えて造られた鎮守の杜は都会のオアシス。東京随一のパワースポットで、心おだやかに、癒される。Hanako『幸せを呼ぶ、神社とおてら。』「明治神宮」より、原宿〈明治神宮〉をご紹介します。

鎮座100年を迎える、首都東京の〝まごころの杜〞。

初詣は、東京随一のパワースポット〈明治神宮〉参拝へ。おすすめの撮影スポットはここ!


「ご社殿」に向かって左手には仲睦まじく寄り添うように立つ2本の楠「夫婦楠」がある。明治神宮が鎮座した大正9年以来、戦災もまぬがれ、拝殿前で多くの参拝者を迎えている。

「南参道鳥居」を一歩くぐると、空気が一変する。総面積70万㎡という広大な鎮守の杜に抱かれて、原宿の街の喧騒は嘘のように遮断され、耳に入るのはかすかな木々のさざめきと鳥の声。ジャリ、ジャリッと心地よい足音を響かせながら玉砂利の参道を進み、日本一を誇る檜の「大鳥居」をくぐり、「枡形」と呼ばれる末広がり88度の縁起の良い角度の曲がり角を曲がると、ご本殿がお目見え。参拝者を見守るように茂っていた木々が一気に開け、頭上に真っ青な空が広がる。

明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする明治神宮。意外と知られていないが、その鎮守の杜は全国からの約10万本の献木と、延べ11万人に及ぶ全国の青年団の勤労奉仕によって造られた人工の森。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.