くらし情報『元AV女優・現社会学者×尼さんが、女子の悩み相談!「実家を出てみるべき?」「占いとの上手な付き合い方は?」』

2020年1月7日 12:00

元AV女優・現社会学者×尼さんが、女子の悩み相談!「実家を出てみるべき?」「占いとの上手な付き合い方は?」

目次

・Q.今まで一度も実家を離れたことがありません。30歳になるこの機会に思い切って一人暮らしを始めたほうがいいのか、悩んでいます。(食品関係PR30歳)
・Q.占いが好きです。刺激が欲しい時など何かと理由をつけて占いに行ってしまうのですが、結局それだけじゃ運命は変わらないですよね。(アパレル26歳)
・浄土宗蓮馨寺副住職・掬池友絢さん「おごることなく、自分自身を見つめると答えが見えてきますよ」
・社会学者、作家・鈴木涼美さん「仏教の教えと同じで内省すること。あと、知識にも助けられます」
元AV女優・現社会学者×尼さんが、女子の悩み相談!「実家を出てみるべき?」「占いとの上手な付き合い方は?」


仏教の教えを伝え、人々を導いてきた尼僧・掬池友絢さんのお話を、あまたの女性の悩みに斬り込んできた作家の鈴木涼美さんが聞きました。Hanako読者のお悩みと向き合った、ふたりの答えとは。

Q.今まで一度も実家を離れたことがありません。30歳になるこの機会に思い切って一人暮らしを始めたほうがいいのか、悩んでいます。(食品関係PR30歳)

掬池:迷っているくらいなら、やってみればいいと思いますよ。きっと気付くことは多いでしょう。

鈴木:そうですね。イギリスの小説家であるヴァージニア・ウルフも「女性が小説を書こうと思うなら、お金と自分ひとりの部屋を持たねばならない」と言っているくらいです。私も一人暮らしが長いので、1人だと自分で自分を律し、己と向き合わざるを得なくなることはよく知っています。でもこの方がもしも「世間知らず」や「自分に逸脱した経験がないこと」を悩んでいるならば、それは空虚です。私は「何かを経験するための経験」はわざわざするものでないと思う。何もしなかった人だって「何もしなかった」という経験を得ているわけだし、ずっと実家にいた人にしか知り得ないことがあります。どんな環境かということよりも、自分が置かれた環境で、いかに自分について向き合えるかが重要です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.