くらし情報『365日地域の暮らしに寄り添う、野方の〈DAILY COFFEE STAND〉へ。』

2020年2月14日 18:00

365日地域の暮らしに寄り添う、野方の〈DAILY COFFEE STAND〉へ。

365日地域の暮らしに寄り添う、野方の〈DAILY COFFEE STAND〉へ。

駅を挟んでにぎやかな商店街が北と南に広がる、西武鉄道新宿線「野方」駅。街には古い商店と新しい個人店が入り混じり、歩くペースをゆるめて散歩したくなるような活気があふれています。商店街から一本入ったレトロな路地に佇む〈DAILY COFFEE STAND〉は、365日オープンしているコーヒースタンド。ここで味わういつもと同じコーヒーと、スタッフの笑顔と会話が、野方に住む人たちの“なんとなく当たり前”な日常の一部になっています。

「10年後もずっと好きでいられる街が野方だった」。

365日地域の暮らしに寄り添う、野方の〈DAILY COFFEE STAND〉へ。


店主の小川さんは、野方生まれ野方育ち。26歳から29歳までの3年間は岡山県に移住し、その後、野方に戻って2016年に〈DAILY COFFEE STAND〉をオープンさせました。

「最初は会社員をやっていたんですが、なんとなく会社員というものが合わなく1年で辞めまして。そんな時、姉夫婦が岡山で生活用品とコーヒーのお店を出すことになり、一緒にやろうと声がかかったんです。そもそもお店づくりに興味があったし、それで岡山に移住しました」

岡山の店ではコーヒーを担当。独学でコーヒーの種類や淹れ方などを学び、いろいろ調べていくなかでいくらやっても興味が尽きず、「自分にはコーヒーが合っているな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.