くらし情報『Hanako編集部が台北〈誠品生活〉とコラボ!どこか似ていて、ちょっと違う日本と台湾の文化を展示。』

2020年3月5日 15:00

Hanako編集部が台北〈誠品生活〉とコラボ!どこか似ていて、ちょっと違う日本と台湾の文化を展示。

目次

・雑誌を作るように壁を「編集」した「Hanako」のウオールプロジェクト。1月から5月の閉店まで4回にわって開催。
・ただいま、「本」をテーマにした展示がスタート。あの人の本棚と好きな書店を取材。
・本屋さんの街、台北。個性的な本屋さんがいっぱいです。
Hanako編集部が台北〈誠品生活〉とコラボ!どこか似ていて、ちょっと違う日本と台湾の文化を展示。

日ごろ台湾を取材する機会が多いHanako編集部。そんな台湾好きがこうじて、台湾在住者向けのウェブメディア「Hanako.Taiwan」も今年から本格的ローンチすることに。こうした縁があって台北の〈誠品生活敦南店〉とコラボレーションが実現することに。1月から5月、毎月、書店の壁を誌面に見立てて、テーマに沿った取材をした結果を展示している。

雑誌を作るように壁を「編集」した「Hanako」のウオールプロジェクト。1月から5月の閉店まで4回にわって開催。

Hanako編集部が台北〈誠品生活〉とコラボ!どこか似ていて、ちょっと違う日本と台湾の文化を展示。

第1回目の展示。「台湾と日本、幸せを呼ぶスイーツ」展。台北でそれにちなんだお茶会も催された。
Hanako編集部が台北〈誠品生活〉とコラボ!どこか似ていて、ちょっと違う日本と台湾の文化を展示。


〈誠品生活敦南店〉の地下二階の13メートルにわたる壁を使ってHanako編集部が展示を展開する「ウォールプロジェクト」。その第一回目の展示テーマは「台湾と日本のお正月のお菓子」。日本と台湾、お菓子とお正月には深いつながりがある。日本は「お年賀」だ。お世話になった方々に新年のご挨拶を兼ねて、お菓子を「おもたせ」として「今年もよろしく」という気持ちを込めてお菓子を贈るもの。台湾はお正月「春節」に家族と過ごすとき、お正月のお菓子を食べる。そんな二つの場所の共通点と違いを探ってみた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.