くらし情報『今注目すべき注目名脇役・名監督4人。『プラダを着た悪魔』『チャーリーズ・エンジェル』…有名作品から監督業へ進出!』

2020年5月3日 12:00

今注目すべき注目名脇役・名監督4人。『プラダを着た悪魔』『チャーリーズ・エンジェル』…有名作品から監督業へ進出!

目次

・1.誰もが「あ、あの顔は」とすぐに気づくはず。/鈴木卓爾
・2.世界的な巨匠監督。俳優業は「生活のため」!?/イエジー・スコリモフスキ
・3.あらゆる映画に顔を見せる、まさにハリウッドの名脇役。/スタンリー・トゥッチ
・4.今後の活躍に期待したい名脇役・監督!/エリザベス・バンクス
今注目すべき注目名脇役・名監督4人。『プラダを着た悪魔』『チャーリーズ・エンジェル』…有名作品から監督業へ進出!

そういえばあの映画で、いやあの映画でも見たような...。主役ではないけれど、彼らはいつも大事な場面で登場する。そんな神出鬼没の名脇役の中には実は名だたる映画監督がたくさん。ハリウッド大作で悪役ぶりを披露する世界的な巨匠もいれば、コメディや恋愛映画に数々出演した後、監督業へ進出した女優も。今注目の名脇役・名監督を、日本、アメリカ、ポーランドから選りすぐってご紹介!

1.誰もが「あ、あの顔は」とすぐに気づくはず。/鈴木卓爾

今注目すべき注目名脇役・名監督4人。『プラダを着た悪魔』『チャーリーズ・エンジェル』…有名作品から監督業へ進出!


©2018「菊とギロチン」合同製作舎

出演作『菊とギロチン』
監督作『嵐電』

日本映画、とりわけ自主映画をよく見る人なら誰もが「あ、あの顔は」とすぐに気づくはず。『菊とギロチン』『あゝ、荒野』等多くの作品に出演し、奇怪な役どころを毎回見事に演じるこの人、実は『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』などを手がけてきた名監督。昨年公開された京都を舞台にした『嵐電』は、独特のユーモアと怖気に満ちた名作。

2.世界的な巨匠監督。俳優業は「生活のため」!?/イエジー・スコリモフスキ

今注目すべき注目名脇役・名監督4人。『プラダを着た悪魔』『チャーリーズ・エンジェル』…有名作品から監督業へ進出!


©Capital Pictures/amanaimages

出演作『盗まれたカラヴァッジョ』
監督作『イレブン・ミニッツ』

ポーランド出身のスコリモフスキは、『出発』『アンナと過ごした4日間』等の監督作がある世界的な巨匠監督。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.