くらし情報『画家・岡美里さんのおうち時間。リンゴやコーヒーとともに、どっぷりと本の世界に浸る。』

2020年5月15日 18:00

画家・岡美里さんのおうち時間。リンゴやコーヒーとともに、どっぷりと本の世界に浸る。

目次

・どっぷりと読了した後は世界が変わって見える。
・【家時間のおとも】私にとって幸せの象徴であるりんごをむく時間。
・【ベストツール】分厚い本の中でも特に今の気分はこの3作。
・Profile/岡美里(おか・みさと)
画家・岡美里さんのおうち時間。リンゴやコーヒーとともに、どっぷりと本の世界に浸る。

快適なおこもり時間を実現する人たちの取材を通して見えてきたのは、「どこに出かけても必ず帰りたくなる家」「長時間過ごすことが楽しい家」という共通項。家での時間を楽しむためのコツを彼女たちから学びます。今回は、画家の岡美里さん。彼女は少しずつ本を読むことは出来ず、寝食を忘れてのめり込んでしまうタイプだという。本に浸るという覚悟を決めて、家時間がたっぷりと出来た時に分厚い本を手にする。そんな彼女のライフスタイルをご紹介します。

どっぷりと読了した後は世界が変わって見える。

「村上春樹が新刊を発売する時はそれを読む日をあけておきます(笑)」岡さんのその言葉に、村上春樹の大ファンなのかと思うとそれは違う。彼女が楽しいのは、読書後に友人と感想を話し合う時間とのこと。

画家・岡美里さんのおうち時間。リンゴやコーヒーとともに、どっぷりと本の世界に浸る。


「読書の醍醐味は読み終えた後に友人と感想を言い合うこと。村上春樹はみんなが読むから、たくさんの友人と意見を交わせてすごく盛り上がります。そして、日常の中でいつの間にか自分の中に溜まっていった疑問や謎に対する答えを本の中に見つけ、腑に落ちる。そういう気持ちよさも、本を読む時間の醍醐味の一つ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.