くらし情報『「銀座の壁はすべてギャラリーだと思っています」世界中で活躍する現代美術家・笹田靖人さんに聞く、銀座とアートへの想い。』

2020年5月25日 15:01

「銀座の壁はすべてギャラリーだと思っています」世界中で活躍する現代美術家・笹田靖人さんに聞く、銀座とアートへの想い。

目次

・これで終わっていいのかよと、語り掛けてくる作品に背中を押されてきた。
・Profile/笹田靖人(ささだ・やすと)
「銀座の壁はすべてギャラリーだと思っています」世界中で活躍する現代美術家・笹田靖人さんに聞く、銀座とアートへの想い。

古い画廊やギャラリーが並ぶ銀座は、もともとアートの街。けれど今はジャンルの垣根を越えて、美術に興味のない人もエキサイトする、新しいスタイルのアートが銀座から発信され始めた。今回は0.3ミリペンを使い細密画を描く現代美術家・笹田靖人さんにお話を聞きました。

これで終わっていいのかよと、語り掛けてくる作品に背中を押されてきた。

「僕が最初に銀座で作品を飾ったのは、ギャラリーではなく飲食店の壁だったんです」と笹田靖人さん。0.3ミリペンで時間をかけ、情熱の全てをペン先に注いだ緻密な絵は皆のド肝を抜いた。アート界のみならず、ファッションや音楽界からも脚光を浴びる今、目が離せない現代美術家だ。

「銀座の壁はすべてギャラリーだと思っています」世界中で活躍する現代美術家・笹田靖人さんに聞く、銀座とアートへの想い。


そんな彼がブレイクするきっかけをくれた場所は銀座だったという。飲食店の壁の絵を見てすぐに「気に入った」という凄腕営業マンと出会うと、彼を介して次々に顧客が増える。その期待に応えようと必死で作品への想いを伝えると、今度は様々なジャンルの人と繋がる。遂にはファッション界の巨匠・山本耀司氏の目にも留まり、ヨウジヤマモトとコラボレーション作品を作るまでに飛躍。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.