くらし情報『名店9店舗が連携した「銀座玉手箱」プロジェクトを発足!6月5日から販売スタート。』

2020年6月5日 11:50

名店9店舗が連携した「銀座玉手箱」プロジェクトを発足!6月5日から販売スタート。

名店9店舗が連携した「銀座玉手箱」プロジェクトを発足!6月5日から販売スタート。

外出自粛による観光客の激減で大きな影響を受けた街・銀座。街の復興と伝統の継承を目的に、銀座の名店9店舗が立ち上がりました。6月5日から販売がスタートされる、銀座の魅力が詰まった 「玉手箱」の中身とは一体
名店9店舗が連携した「銀座玉手箱」プロジェクトを発足!6月5日から販売スタート。

『銀座の「とき」を繋ぐ玉手箱』には〈銀座松﨑煎餅〉〈森岡書店〉〈銀座もとじ〉の品が。

コロナウィルスの影響により、大きな影響を受けた銀座の小売業。「今の時代を生きる私たちが銀座を守り、伝承していかなければならない」そんな思いを持った9つの店舗が連携し、このプロジェクトはスタートされました。銀ぶらをして楽しめるような刺激を詰めこみたかったという「玉手箱」第一弾は全4種類、その中の一つ『銀座の「とき」を繋ぐ玉手箱』には〈銀座松﨑煎餅〉の詰め合わせ「大江戸松﨑顔見世」と、〈森岡書店〉からは銀座を撮り続けた写真家・伊藤昊の写真集『GINZA TOKYO 1964』と、〈銀座もとじ〉とグラフィックアーティスト・Kanta Desroches(カンタ・デロシュ)によるダブルネームの「繋がり」をテーマにデザインされた風呂敷もセットに。まさに“銀座尽くし”の一箱は6月5日に発売されます。ご自宅でも銀座を感じる事が出来る「銀座玉手箱」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.