くらし情報『【鎌倉の暮らし】レザークラフトアーティスト・河崎彩夏さん「アトリエから徒歩10分の海で、作品のインスピレーションをイメージ」』

2020年6月9日 10:11

【鎌倉の暮らし】レザークラフトアーティスト・河崎彩夏さん「アトリエから徒歩10分の海で、作品のインスピレーションをイメージ」

目次

・【My Hot Places】
・Profile/河崎彩夏(かわさき・あやか)
【鎌倉の暮らし】レザークラフトアーティスト・河崎彩夏さん「アトリエから徒歩10分の海で、作品のインスピレーションをイメージ」

山と海に囲まれて、のんびりしたこの場所には、暮らしを大切にする人達が集まっています。鎌倉だからこそできる特別な時間の過ごし方や、生活や仕事の輪でつながった信頼できるお店を9組のみなさんに教えてもらいました。6組目の今回はレザークラフトアーティスト・河崎彩夏さんの鎌倉の暮らしをご紹介します。
【鎌倉の暮らし】レザークラフトアーティスト・河崎彩夏さん「アトリエから徒歩10分の海で、作品のインスピレーションをイメージ」

白壁にカラフルな作品が映える。「七里ガ浜の伝説のショップ〈CherShore〉から継いだ流木ディスプレイ」
【鎌倉の暮らし】レザークラフトアーティスト・河崎彩夏さん「アトリエから徒歩10分の海で、作品のインスピレーションをイメージ」

コラボアイテムやPOP-UP用什器もある。
【鎌倉の暮らし】レザークラフトアーティスト・河崎彩夏さん「アトリエから徒歩10分の海で、作品のインスピレーションをイメージ」

独自の方法での手染めのレザーには廃棄処分される革を再利用。
【鎌倉の暮らし】レザークラフトアーティスト・河崎彩夏さん「アトリエから徒歩10分の海で、作品のインスピレーションをイメージ」

ハンドソーイングでの丁寧な仕上がりも人気の秘密。
【鎌倉の暮らし】レザークラフトアーティスト・河崎彩夏さん「アトリエから徒歩10分の海で、作品のインスピレーションをイメージ」

応接室のテーブルは、ウッド作家の友人の作品。作業スペースとしても。

鶴岡八幡宮から由比ヶ浜海岸に続く一本道の「若宮大路」。時の将軍、源頼朝が妻・北条政子の安産祈願のために造営した鎌倉の中心的大通りたもとだ。海岸に近い一の鳥居の袂。「AYAKAWASAKI」のアトリエはそこにある。

【鎌倉の暮らし】レザークラフトアーティスト・河崎彩夏さん「アトリエから徒歩10分の海で、作品のインスピレーションをイメージ」

週1は訪れる由比ヶ浜ビーチ。アイテム撮影や創作の合間によく行くマストスポット。「アトリエから徒歩10分。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.