くらし情報『プロ伝授!おうちで日本料理の基本のキ。「出汁の引き方」と「小豆の餡作り」編』

2020年6月9日 12:00

プロ伝授!おうちで日本料理の基本のキ。「出汁の引き方」と「小豆の餡作り」編

目次

・1.だしの引ける女になりたい。
・2.小豆を煮て餡をつくろう。
プロ伝授!おうちで日本料理の基本のキ。「出汁の引き方」と「小豆の餡作り」編

自分で引いた出しや煮た小豆はやっぱり格別。そこで今回はそれぞれの分野のプロから、おうちでできる方法を教えてもらいました。ファッションモデルから執筆活動まで、分野を超えて軽やかに行き来する小谷実由さんが体験しました。いつもの料理がもっとおいしくなるはずです。

1.だしの引ける女になりたい。

以前、デパートの地下で削られていない鰹節を見かけた際、その圧倒的な存在感に、神々しさを感じたと話す小谷さん。今回は、2019年で創業320周年の老舗〈にんべん〉の木村絵里子さんを先生に、鰹節の製造過程から伺います。

プロ伝授!おうちで日本料理の基本のキ。「出汁の引き方」と「小豆の餡作り」編

削り方によって異なる、6種類の削り節。
プロ伝授!おうちで日本料理の基本のキ。「出汁の引き方」と「小豆の餡作り」編

〈にんべん〉の木村絵里子さん。社歴20年、まさに”鰹節のプロ”。

step1. 「鰹節ができるまで」を学ぼう。
骨抜きやカビ付けなどの工程を経て、カチカチの本節に仕上がるまでは6ヶ月。身近だった鰹節が、思っていた以上に手間暇かけてつくられていたことを知り、驚いた様子。

プロ伝授!おうちで日本料理の基本のキ。「出汁の引き方」と「小豆の餡作り」編

間近で見る、はじめての鰹節削り。
プロ伝授!おうちで日本料理の基本のキ。「出汁の引き方」と「小豆の餡作り」編

削り節が出てきて、小さく歓声をあげる。
プロ伝授!おうちで日本料理の基本のキ。「出汁の引き方」と「小豆の餡作り」編

力の入れ加減に苦戦した、鰹節削り。
プロ伝授!おうちで日本料理の基本のキ。「出汁の引き方」と「小豆の餡作り」編

削った後の断面は、ルビーのような深い光沢に。

step2. 自分の手で削ってみよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.