くらし情報『「捨てる」を見直して、地球に優しく!すぐに取り組める6つのアイデア。』

2020年6月20日 12:00

「捨てる」を見直して、地球に優しく!すぐに取り組める6つのアイデア。

だからこそ、お互い、素早く誠実な対応をしたいもの。無料でものをあげたい、もらいたいという人を結ぶアプリもあり、「譲る」という手も。

5.「牛乳パック、段ボール」は近所のスーパーで回収を。ポイントがたまることも。

牛乳などの紙パック、段ボールなど、資源になるものを燃えるごみで捨ててない?資源になる紙ごみは、自治体のエコステーションや廃品回収へ。スーパーの回収箱へ持って行くと、ポイントがたまることも。紙パックはカビが生えやすいので、切り開いて洗って、完全に乾燥させてから出そう!

「捨てる」を見直して、地球に優しく!すぐに取り組める6つのアイデア。


アルミ付き紙パックの回収も大事。
豆乳パックに多い裏側がアルミコーティングされたものは、牛乳パックとはリサイクル過程が違うので分けておこう。スーパーが回収してくれる場合や、無料郵送回収サービス「テトラパックリサイクル便」も。

6.「野菜のヘタ」はリボーンベジタブルする。

捨ててしまう野菜のヘタなどを水につけておくと芽が出て成長し、それを再び料理に使う「リボーンベジタブル」はリユースの一つ。豆苗や人参、大根、キャベツ、小松菜、クレソンなどの野菜がおすすめだ。しかも生ごみを減らせるなんて、一石二鳥!詳しくは、インスタの#リボベジで検索を。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.