くらし情報『おうちで陶器市!? 【注目の人気作家4選】器はハッシュタグ検索する時代へ。』

2020年6月30日 19:30

おうちで陶器市!? 【注目の人気作家4選】器はハッシュタグ検索する時代へ。

という稲村真耶さん。花の絵付け皿など、どれも毎日使っていても飽きないシンプルさが魅力だ。滋賀県大津市で作陶する様子とともに、愛猫が顔を出すインスタのポストにもほっこり。7月25日から〈rooms Shop ルミネ新宿店〉にて展示会開催予定。お碗、そば猪口各3,000円、楕円皿5,000円。

3.手吹きによるハンドメイドが織りなす温もりある質感。@hiroyglass(花岡央)

おうちで陶器市!? 【注目の人気作家4選】器はハッシュタグ検索する時代へ。


岡山県備前市で吹きガラス工房〈ヒロイグラススタジオ〉を主宰する花岡央さん。淡いブルーガラスのオリジナルシリーズ「GRICE」は、お米を発色原料のひとつとしてガラスに溶かし込んだ人気作。涼感がありながらも凛とした佇まいで、ギフトにもぴったり。オンラインでは「on apartment」ほか、工房併設のショップでも取り扱いあり。ミニワイングラス1脚4,200円。

4.精力的に活動する人気実力派作家。@kousuke.teramura(寺村光輔)

おうちで陶器市!? 【注目の人気作家4選】器はハッシュタグ検索する時代へ。


東京都出身の寺村光輔さんが陶芸に目覚めたのは大学時代。卒業後、益子に移り住み、若林健吾氏に作陶を学ぶ。独立後は益子伝統の焼き物に新しい価値を吹き込もうと、数々の作品を発表。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.