くらし情報『リサイクルより「アップサイクル」を。新しい魅力が生まれる、3つのアップサイクル術とは?』

2020年7月11日 12:00

リサイクルより「アップサイクル」を。新しい魅力が生まれる、3つのアップサイクル術とは?

目次

・1.シミや汚れは「染め直し」でよみがえる。
・2.服の汚れや靴下の穴は「お繕い」。
・3.ヒビや欠けのある器は「金継ぎ」でかっこよく。
・SDGs目標13「気候変動に具体的な対策を」、目標14「海の豊かさを守ろう」、目標15「陸の豊かさも守ろう」
リサイクルより「アップサイクル」を。新しい魅力が生まれる、3つのアップサイクル術とは?

リサイクルとは少し異なり、元の製品よりもっと価値が高まることをアップサイクルという。服の破れをお繕いしたり、食器のヒビや欠けをきんつ金継ぎしたり。ものを大事にしてきた日本では、古くからアップサイクルの技がたくさんあり、新しい魅力が生まれると見直されている。自分でキットを使って挑戦してもいいし、プロにお願いしてみても。

1.シミや汚れは「染め直し」でよみがえる。

リサイクルより「アップサイクル」を。新しい魅力が生まれる、3つのアップサイクル術とは?

【A】奄美大島で泥染め。【B】無印良品「ReMUJI」の藍染め/モデル「ReMUJI」婦人ボトム2,719円イスにかかった衣類「ReMUJI」婦人トップス2,719円、ボトム2,719円(全て無印良品銀座 03-3538-1311)/その他スタイリスト私物

全体的にシミがついたり、似合う色じゃなかったり。そんな場合は、思い切って染め直しという手も。Aのシャツワンピースは、スタイリストの大谷優依さんが奄美大島で泥染めしてもらったもの。ピンク色が泥染めらしい渋いベージュに。Bのパンツは、無印良品が展開するReMUJI。回収した衣料品を藍色に染め直したもの。ナチュラルな色合いが素敵。

2.服の汚れや靴下の穴は「お繕い」。

リサイクルより「アップサイクル」を。新しい魅力が生まれる、3つのアップサイクル術とは?


取れないシミや汚れには、カラフルな刺しゅう糸を使った ステッチで覆うお繕いを。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.