くらし情報『水に入る豊洲のミュージアム〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉に新パブリックアートが誕生。』

2020年7月20日 12:00

水に入る豊洲のミュージアム〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉に新パブリックアートが誕生。

目次

・変わりゆく街・豊洲のシンボルを目指すパブリック・アート「空から降り注ぐ憑依する滝」。
・夏季限定の向日葵バージョン「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング-infinity」。
・2022年末まで延長決定。ミュージアムで観られる作品紹介。
水に入る豊洲のミュージアム〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉に新パブリックアートが誕生。

アート集団「チームラボ」が手掛ける豊洲のミュージアム〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉に、新しい屋外パブリック・アート「空から降り注ぐ憑依する滝」が誕生しました。また、裸足で水の中を歩き体感する作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity」が、向日葵の咲く夏季限定バージョンに衣替え。日時指定電子チケットによる「事前予約制」などのコロナ感染対策を講じたうえで、2022年末まで延長を決定した同ミュージアムを訪れました。

変わりゆく街・豊洲のシンボルを目指すパブリック・アート「空から降り注ぐ憑依する滝」。

水に入る豊洲のミュージアム〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉に新パブリックアートが誕生。


ゆりかもめ線・新豊洲駅の前に建つ〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉は、超巨大な4つの作品空間と屋外作品など計8作品が鑑賞できる“水に入って楽しむ”ミュージアム。今回新しく誕生したパブリック・アート「空から降り注ぐ憑依する滝」は、施設の外にあり、入場せずとも無料で鑑賞できます。

水に入る豊洲のミュージアム〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉に新パブリックアートが誕生。

パブリック・アートのお披露目会にて。チームラボ代表の猪子寿之さん(右)と、合同会社DMM.com COOの村中悠介さん(左)。

「豊洲市場もでき、いま豊洲という街は変わろうとしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.