くらし情報『“宇宙暮らし”はそう遠くない!?宇宙と地上の暮らしを考える「THINK SPACE LIFE」ワークショップに潜入。』

2020年7月30日 12:00

“宇宙暮らし”はそう遠くない!?宇宙と地上の暮らしを考える「THINK SPACE LIFE」ワークショップに潜入。

宇宙飛行士の向井千秋さん、山崎直子さんのほか、極地建築家の村上祐資さん、スイスで登山ガイドをする西村志津さん、ANA宇宙事業化プロジェクトメンバーの江島まゆみさんなどが座談会に参加し、さまざまな視点から宇宙空間と地上の暮らしの未来を考えていく。宇宙で必要なものは、地上での災害時、新しい生活様式にも応用可能。この日は、生活のメリハリや身嗜みなどのモチベーション、入浴やオーラルケアなどのパーソナルケア、フィットネスの3テーマで議論された。

宇宙空間での生活のメリハリについて。

“宇宙暮らし”はそう遠くない!?宇宙と地上の暮らしを考える「THINK SPACE LIFE」ワークショップに潜入。


別室で行われた座談会。最初の問いは、「おうち時間の多いこの時期にたくさんの方が経験したと思いますが、閉鎖空間の中でオンオフの切り替えはどうしていましたか?」と、まさに宇宙空間と地上の共通課題について。「外の景色を眺めたり、オンラインでのアクティビティでメリハリをつけていました。だらっとする時間を意識的に入れ込むのは大事ですね」と向井さん。「宇宙に持っていけるものは限られていますが、ないものを数えるよりもあるものを使っていかに工夫するか、とポジティブに考えていました」。香りで気分を変える方法もあるが、他のクルーのことも考え香水などは使わないという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.