くらし情報『“宇宙暮らし”はそう遠くない!?宇宙と地上の暮らしを考える「THINK SPACE LIFE」ワークショップに潜入。』

2020年7月30日 12:00

“宇宙暮らし”はそう遠くない!?宇宙と地上の暮らしを考える「THINK SPACE LIFE」ワークショップに潜入。

とは、ANAの江島さん。宇宙船と飛行機の中の環境は似ている部分もあり、ともすると飛行機の乗務員の方が大変な場面も。「緊張感が長時間続くフライトで、ほっとできるひとときは、お客様と自由にお話しできる時間です」(江島さん)。宇宙飛行士も昭和基地で過ごす極地建築家もフリータイムがあり、それぞれのリラックス法を身に付けていた。

フィットネスもメンタルケアに。

“宇宙暮らし”はそう遠くない!?宇宙と地上の暮らしを考える「THINK SPACE LIFE」ワークショップに潜入。


「山でも乾燥や日焼け対策が大事ですよ」と話す登山ガイド・西村さん。「ヨガや瞑想で、安定した自分に戻すことも大切。私も在宅続きで実感しましたが、閉鎖空間にありがちな呼吸の乱れはヨガで整えることができます」。ここで座ったままでもできるヨガを教えてくれ、花井さんも体験した。

これには宇宙飛行士の二人も反応。「自律神経をコントロールする実験は宇宙でも実施されました。本来自分の意思とは無関係に作用するのが自律神経ですが。ストレッチなど身体的なことだけでなく、念じることで精神的に鍛えていく実験で、先ほどのヨガにも通じますね」(向井さん)「宇宙では体の不調がわかりづらくなるので、運動の時間が設けられています。ヨガのように呼吸を意識することも大切だと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.