くらし情報『“宇宙暮らし”はそう遠くない!?宇宙と地上の暮らしを考える「THINK SPACE LIFE」ワークショップに潜入。』

2020年7月30日 12:00

“宇宙暮らし”はそう遠くない!?宇宙と地上の暮らしを考える「THINK SPACE LIFE」ワークショップに潜入。

(山崎さん)

宇宙で快適に過ごせるのはどんな服装?

“宇宙暮らし”はそう遠くない!?宇宙と地上の暮らしを考える「THINK SPACE LIFE」ワークショップに潜入。


プロジェクトに参画する〈ワコール〉担当者からは「地上と宇宙では身体のありようはどう違うのですか?」という質問。近年”無重力状態がバストに良い”という結論のもと、「重力に負けないバストケアブラ」を発表した〈ワコール〉。宇宙空間での美容やヘルスケアへの研究を進める。

「例えば、地上でのリラックス体勢は大の字ですが、無重力空間では赤ちゃんのように膝や背骨を曲げ、浮いている状態が楽なんです。指で壁をタッチすれば移動できるので、歩くことも必要ありません。慣れれば水中を泳ぐようにスイスイ動けるんですよ」(山崎さん)。「重力がないということは、背筋を伸ばして体重を支える必要がないということ。水中のような水圧もないので随分楽です」(向井さん)。

“宇宙暮らし”はそう遠くない!?宇宙と地上の暮らしを考える「THINK SPACE LIFE」ワークショップに潜入。


ここで、座談会を聞いていた視聴者から「服の締め付けが気になったり、好まれる衣服が地上と違ったりするのでしょうか?」という質問。物をなくしやすい宇宙空間では、ポケットのある服が便利という話も聞くが、他にどんな特徴があるのだろう?

「襟ぐりの開き具合や、ストンと落ちたシャツの形など、地上で着こなせる物は重力が前提とされています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.