くらし情報『働く女子の知見が宇宙生活に生かされる?!地上と宇宙の暮らしを考えるワークショップを体験。』

2020年8月20日 21:32

働く女子の知見が宇宙生活に生かされる?!地上と宇宙の暮らしを考えるワークショップを体験。

目次

・宇宙生活を快適にするミッションを読み解く。
・宇宙生活課題は身近な技術でも解決できる!
・ハナコラボ宇宙部のメンバーにもご注目!
働く女子の知見が宇宙生活に生かされる?!地上と宇宙の暮らしを考えるワークショップを体験。

宇宙飛行士が宇宙での滞在中に感じた困りごとや改善点は、これから宇宙旅行をするかもしれない私たちにとって他人事ではなく、また地上での生活にも共通するところが多いという。JAXAでは、民間事業者の共創プログラム「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の中に、宇宙と地上双方の暮らしをよくする「THINK SPACE LIFE」プラットフォームを始動し、第2回のワークショップを開催。オンラインで参加する企業がアイデアを練る中、ハナコラボ宇宙部も模擬企業としてワークショップに参加し、各企業のプレゼンも聞くことができた。第1回にも参加したバイオリニストの花井悠希さんに加え、アロマ空間デザイナーの石井保子さん、ハナコラボ ディレクター土屋志織がレポートする。

第1回のレポートはこちら!

宇宙生活を快適にするミッションを読み解く。

働く女子の知見が宇宙生活に生かされる?!地上と宇宙の暮らしを考えるワークショップを体験。


この日は〈ワコール〉〈資生堂〉〈京セラ〉〈トヨタ自動車〉など、JAXAとの共創をねらう21社が参加。自社のリソースを生かし、これまでになかった「宇宙」という文脈のもとに新たな取り組みを目指していく。

ワークショップは三段階に分けられ、まずはウォーミングアップとして宇宙課題が記されたたくさんのカードをチェック。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.