くらし情報『東京随一のパワースポット〈明治神宮〉の魅力、どこまで知ってる?“都会のオアシス”の魅力をご紹介。』

2020年8月29日 13:30

東京随一のパワースポット〈明治神宮〉の魅力、どこまで知ってる?“都会のオアシス”の魅力をご紹介。

目次

・鎮座100年を迎える、首都東京の〝まごころの杜〞。
・隠れたパワースポット!?奉納された樽の前で撮影を。
・愛に満ちあふれた明治神宮。いのめ境内にハート形の猪目。
・明治天皇が昭憲皇太后のために。ゆかり深い名苑「明治神宮御苑」。
・【HISTORIY】今の風景とはまったく違う、明治神宮近辺の100年前。
・〈明治神宮〉
東京随一のパワースポット〈明治神宮〉の魅力、どこまで知ってる?“都会のオアシス”の魅力をご紹介。

原宿駅からすぐの緑豊かな聖地〈明治神宮〉は明治天皇・昭憲皇太后を慕う国民の声によって1920年に創建。100年、200年先を見据えて造られた鎮守の杜は都会のオアシス。東京随一のパワースポットで、心おだやかに、癒されよう。

鎮座100年を迎える、首都東京の〝まごころの杜〞。

東京随一のパワースポット〈明治神宮〉の魅力、どこまで知ってる?“都会のオアシス”の魅力をご紹介。

台湾産の檜で作られた大鳥居。木造として日本一の高さを誇る。南参道と北参道の出合い口に立つ大鳥居(第二鳥居)。高さ12m、幅17.1m、柱の太さは直径1.2mもあり、木造の明神鳥居としては日本一の大きさ。材木は台湾産の檜で、樹齢は1,200年以上に達していたといわれている。

「南参道鳥居」を一歩くぐると、空気が一変する。総面積70万m²という広大な鎮守の杜に抱かれて、原宿の街の喧騒は嘘のように遮断され、耳に入るのはかすかな木々のさざめきと鳥の声。ジャリ、ジャリッと心地よい足音を響かせながら玉砂利の参道を進み、日本一を誇る檜の「大鳥居」をくぐり、「枡形」と呼ばれる末広がり88度の縁起の良い角度の曲がり角を曲がると、ご本殿がお目見え。参拝者を見守るように茂っていた木々が一気に開け、頭上に真っ青な空が広がる。

東京随一のパワースポット〈明治神宮〉の魅力、どこまで知ってる?“都会のオアシス”の魅力をご紹介。

「ご社殿」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.