くらし情報『2020年最注目の新店!極上の和食材を使ったフレンチ・大手町〈Plaiga TOKYO〉。』

2020年9月17日 08:00

2020年最注目の新店!極上の和食材を使ったフレンチ・大手町〈Plaiga TOKYO〉。

目次

・皇居・和田倉濠の緑と水辺を望む都会のオアシス。
・〈ブリーズ オブ トウキョウ〉などで活躍した古賀哲司氏がエグゼクティブシェフに就任。
・一級品の日本の旬食材で味わう珠玉のフレンチ。
・コースは全10品、2種類のみ展開。
・フォアグラや熟成牛、毛蟹など高級食材を使った極上料理たち。
・ソムリエお任せのワインペアリングも魅力。
2020年最注目の新店!極上の和食材を使ったフレンチ・大手町〈Plaiga TOKYO〉。

『ミシュランガイド東京2018』で1ツ星を獲得、その後3年連続で星を獲得し続けていたファインダイニング〈HEINZ BECK(ハインツ ベック)〉。そんな同店が今年の6月、新業態としてシェフも新たにフレンチレストラン〈Plaiga TOKYO(プレーガトウキョウ)〉に生まれ変わりました。名店のスピリットを受け継ぐ注目の新店、早速伺ってみました。

皇居・和田倉濠の緑と水辺を望む都会のオアシス。

2020年最注目の新店!極上の和食材を使ったフレンチ・大手町〈Plaiga TOKYO〉。


楽しみ、愉快、喜び、光栄などの意味を持つフランス語の「Plaisir(プレジール)」と、日本の伝統的な美的理念の一つで優美、洗練などの意味を持つ「雅」という言葉をかけ合わせて名付けられた〈Plaiga TOKYO〉。

2020年最注目の新店!極上の和食材を使ったフレンチ・大手町〈Plaiga TOKYO〉。

解放感がありながら、余裕を持った席間隔のダイニングテーブル。

店舗は大手町駅D6出口直結というアクセスの良さを誇りつつ、皇居のほど近く、目の前に和田倉濠が広がる落ち着いた雰囲気のロケーションに位置します。

2020年最注目の新店!極上の和食材を使ったフレンチ・大手町〈Plaiga TOKYO〉。

大きな窓から光が差し込む個室。

席はダイニングテーブル3卓、ボックスシート3卓、個室1室(パーテーション付きの場合6席と4席の2室)の3タイプ。どのタイプも贅沢に席を配置しているほか、プライバシーに配慮した造りになっているので、安心して食事を楽しめるようになっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.