くらし情報『東京・日本橋に3万匹もの金魚が幻想的な空間で泳ぐ、〈アートアクアリウム美術館〉がニューオープン!』

2020年9月5日 18:00

東京・日本橋に3万匹もの金魚が幻想的な空間で泳ぐ、〈アートアクアリウム美術館〉がニューオープン!

というエリアへ。

ここには、代表作でもある大小様々な花魁(おいらん)によって構成された、新作の大型展示「花魁道中(おいらんどうちゅう)」があります。神秘的な世界を演出する光と臨場感のある音で、迫力のある世界が体験できます。

東京・日本橋に3万匹もの金魚が幻想的な空間で泳ぐ、〈アートアクアリウム美術館〉がニューオープン!

東京・日本橋に3万匹もの金魚が幻想的な空間で泳ぐ、〈アートアクアリウム美術館〉がニューオープン!

東京・日本橋に3万匹もの金魚が幻想的な空間で泳ぐ、〈アートアクアリウム美術館〉がニューオープン!
まるで異次元の世界かのような、「神秘」というエリアに進みます。

何本もの円柱型の水槽が立ち並び、中には無数の金魚が泳ぎ回る、光と映像、音によって作られる神々しい空間が拡がっていました。

球状の水槽の中で泳ぐのは、かなり大きくて鯉のような金魚。いろいろな種類の金魚にも出会えます。

東京・日本橋に3万匹もの金魚が幻想的な空間で泳ぐ、〈アートアクアリウム美術館〉がニューオープン!

東京・日本橋に3万匹もの金魚が幻想的な空間で泳ぐ、〈アートアクアリウム美術館〉がニューオープン!


2階に上がり、老松(おいまつ)エリアにあるバー〈水戯庵(すいぎあん)ラウンジ〉へ。ここでは江戸時代に狩野派が描いたといわれる老松を眺めながら、ゆっくりとドリンクや軽食が楽しめます。

奥の舞台では、伝統芸能のパフォーミングアーツが上演されることも。

東京・日本橋に3万匹もの金魚が幻想的な空間で泳ぐ、〈アートアクアリウム美術館〉がニューオープン!


この〈水戯庵ラウンジ〉では、日本古来の季節の分け方である二十四節気七十二候(にじゅうしせっきしちじゅうにこう)を、オリジナルメニューで表現しています。

七十二の季節に分けた七十二候にのっとって5日ごとの季節ドリンクがあり、訪れるたびに繊細な季節の変化を感じられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.