くらし情報『お台場〈日本科学未来館〉で「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」開催。』

2020年9月19日 21:00

お台場〈日本科学未来館〉で「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」開催。

大きな球体のディスプレイ「ジオ・コスモス」に9編の小説が映し出される作品です。同時に映し出される9つの小説はどれも花火大会の日が舞台。回廊を歩きながらゆっくり作品の世界に想いを馳せたくなります。

お台場〈日本科学未来館〉で「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」開催。

アート部門大賞のアダム・W・ブラウンさんによる『[ir]reverent: Miracles on Demand』。

アート部門で大賞を受賞したのは、アダム・W・ブラウンさんの『[ir]reverent: Miracles on Demand』。装置にパンが入っていて、そのパンが「出血」しているかのように見える作品です。ありえない「出血」というと古い教会に言い伝えられた「奇跡」を思い起こさせますが、この作品の「出血」は微生物によるものだそう。

お台場〈日本科学未来館〉で「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」開催。
エンターテインメント部門大賞の佐藤雅彦さん、佐藤匡さん、石川将也さん、貝塚智子さんによる『Shadows as Athletes』の一場面。

佐藤雅彦さんら4人による『Shadows as Athletes』は、エンターテインメント部門で大賞を受賞した作品です。フェンシングや新体操を行うアスリートの影を中心に撮影されていて、アスリートの姿よりもその影が映し出されることでアスリートのひたむきな姿がより強く感じられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.