くらし情報『お台場〈日本科学未来館〉で「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」開催。』

2020年9月19日 21:00

お台場〈日本科学未来館〉で「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」開催。

試し読みができる仕掛けもあるので、漫画ファンでなくても改めて興味が湧いてきそうです。

不自由さも楽しさの要素に。メディア芸術らしい仕掛けも体験できる。

お台場〈日本科学未来館〉で「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」開催。
エンターテインメント部門新人賞『トントンボイス相撲』は体験もできます。©World YURU Sports Association

エンターテインメント部門の受賞作品には体験型の作品も。新人賞を受賞した『トントンボイス相撲』は子どものころに遊んだ紙相撲を声で戦います。トントンと指で叩く代わりに、「トントントン」とマイクの前で声を出すと土俵の上で力士が動く仕組みです。リハビリを目的として開発されたというこのゲームですが、ダイバーシティスポーツとして海外でも人気だとか。

お台場〈日本科学未来館〉で「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」開催。

エンターテインメント部門新人賞の『Buddience 仏像の顔貌を科学する』では自分と表情が似ている奈良の仏像を教えてくれます。©Nara University

同じくエンターテインメント部門で新人賞を受賞した『Buddience 仏像の顔貌を科学する』は奈良大学の学生によるもの。感情認識AIが、自分の顔写真が奈良にあるどの仏像に近いかを判断して教えてくれるというユニークな作品です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.