くらし情報『自宅で試して!〈マルディ グラ〉オーナーシェフ・和知徹さんに学ぶ『失敗しないステーキの焼き方』。』

2020年10月11日 18:00

自宅で試して!〈マルディ グラ〉オーナーシェフ・和知徹さんに学ぶ『失敗しないステーキの焼き方』。

目次

・STEP.1 まずは肉に強いお店に行こう!!
・STEP.2 塩加減に気をつけよう。
・STEP.3 びびらず焼こう!!
・【完成!】 柔らかくレアすぎず絶妙な焼き具合に到達
・Navigator…〈マルディ グラ〉
自宅で試して!〈マルディ グラ〉オーナーシェフ・和知徹さんに学ぶ『失敗しないステーキの焼き方』。

思わずため息が漏れてしまうような、私たちを魅了するプロフェッショナルな技の数々。大銀座の街で見つけた、すごい腕を持った賢人たちが、家でもトライできるテクニックを伝授!自宅で試して少しでもプロの技を実感できたら、今度は街で“本物”を味わって。今回は、「家で肉をおいしく焼けない!」という方々必見!オーナーシェフ・和知徹さんの技を教えてもらいました。9月28日(月)発売号「大銀座で叶うこと。」よりお届け。

STEP.1 まずは肉に強いお店に行こう!!

自宅で試して!〈マルディ グラ〉オーナーシェフ・和知徹さんに学ぶ『失敗しないステーキの焼き方』。

厚めを選ぶと失敗しづらい

お肉が得意なスーパー、信頼できる精肉店を見つけましょう。種類豊富で、カットのバリエーションが豊かな店。パッケージに貼ってある住所がそのスーパーであれば、そこでカットされていて新鮮。ステーキならロースやランプ、いちぼがおすすめ。

STEP.2 塩加減に気をつけよう。

自宅で試して!〈マルディ グラ〉オーナーシェフ・和知徹さんに学ぶ『失敗しないステーキの焼き方』。

好きな塩を見つけよう
自宅で試して!〈マルディ グラ〉オーナーシェフ・和知徹さんに学ぶ『失敗しないステーキの焼き方』。


ステーキの味付けは、基本は塩胡椒。特に、気に入った塩を見つけるのがポイント。厚みのある肉に下味をつけるなら、サラサラとした粒の小さい塩が最適。下味用の塩は、肉の重量×0.9%(厚みのある肉なら1%でも)がベストバランス。

STEP.3 びびらず焼こう!!

自宅で試して!〈マルディ グラ〉オーナーシェフ・和知徹さんに学ぶ『失敗しないステーキの焼き方』。

自宅で試して!〈マルディ グラ〉オーナーシェフ・和知徹さんに学ぶ『失敗しないステーキの焼き方』。

焼き始めたら時間勝負

フライパンを強火で加熱し、うっすらと煙がたったら一度火を止めて大さじ2杯ほどのオイルを入れます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.