くらし情報『みんなでつくる“まち”に〈BONUS TRACK(ボーナストラック)〉が、グランドオープン!』

2020年10月9日 15:00

みんなでつくる“まち”に〈BONUS TRACK(ボーナストラック)〉が、グランドオープン!

目次

・手探りの6カ月。
・長屋スタイルで、個人店を応援。
・バラエティー豊かな14店舗。
・〈恋する豚研究所 コロッケカフェ〉で、コロッケを頬張る。
・小倉ヒラクさんの〈発酵デパートメント〉。
・誰かの日記が読みたくなったら〈日記屋 月日〉へ。
・〈Why_?〉で、内側からヘルシーに。
みんなでつくる“まち”に〈BONUS TRACK(ボーナストラック)〉が、グランドオープン!

「下北線路街」というプロジェクトはご存知ですか?小田急線「東北沢駅」〜「世田谷代田駅」の地下化に伴い、全長約1.7kmの線路跡地を開発して生まれる新しい“街”です。そのうちの1つとしてグランドオープンしたのが〈ボーナストラック〉。個人店を応援する長屋づくりの“まち”は、地元の人の集い場でもありました。

手探りの6カ月。

みんなでつくる“まち”に〈BONUS TRACK(ボーナストラック)〉が、グランドオープン!

左から、小田急電鉄 橋本崇さん、散歩社 内沼晋太郎さん、小野裕之さん。

4月にオープンした当施設は、直後に緊急事態宣言の発令。
オープンからの半年間を通じ、地元の人や来訪者にとってどんな形であるべきなのか、手探りの中でイベント企画などを行ってきました。
この10月に、すべてのお店が揃ったことで晴れてグランドオープン。

オープニングイベントでは、施設を企画開発した3名が〈BONUS TRACK〉の魅力について余すことなく語ってくださいました。

長屋スタイルで、個人店を応援。

みんなでつくる“まち”に〈BONUS TRACK(ボーナストラック)〉が、グランドオープン!

設計は「ツバメアーキテクツ」。

〈BONUS TRACK〉の特徴は、昔ながらの長屋スタイルを取り入れているということ。
以前は個人店が立ち並び、個性豊かな顔ぶれだった下北沢の街は、賃料が上がり、大手チェーンしか参入できないような環境に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.