くらし情報『次世代のキーパーソンたちが考える“日本橋の未来”とは。『自分たちだけが流行ればいいという考えじゃ、うまくいかないしつまらない。』』

2020年10月22日 18:00

次世代のキーパーソンたちが考える“日本橋の未来”とは。『自分たちだけが流行ればいいという考えじゃ、うまくいかないしつまらない。』

目次

・今回登場したお店は…
・Navigators…
次世代のキーパーソンたちが考える“日本橋の未来”とは。『自分たちだけが流行ればいいという考えじゃ、うまくいかないしつまらない。』

老舗の名店が立ち並ぶ大銀座の中で、新世代の活躍だって見逃せない。古き良き街の魅力を理解しながら、新たな風を吹き込んでいる面々に話を聞いてみた。今回は、日本橋エリアのキーパーソンとして、〈K5〉館長の山下聡一廊さん、〈鰻 はし本〉の橋本正平さん、〈Neki〉西恭平さんの3人にお話を聞きました。街全体で大規模な「日本橋再生計画」が進められているこのエリア。重厚な建築物を生かして“残す”再開発の計画も見られ、中でも〈K5〉を中心とした兜町エリアは今話題のスポットとなっています。
次世代のキーパーソンたちが考える“日本橋の未来”とは。『自分たちだけが流行ればいいという考えじゃ、うまくいかないしつまらない。』

〈鰻 はし本〉の店前にて。路地の中で、「う」の看板が目を引く。取材の前日には、〈K5〉のメンバーと西さんが鰻をいただいたのだそう。

日本橋エリアのキーパーソンとしてこの日集まってもらったのは、兜町に2月にオープンした複合施設〈K5〉館長の山下聡一廊さんと、創業70年以上という老舗〈鰻 はし本〉の橋本正平さん、兜町エリアにレストラン〈Neki〉を5月にオープンさせた西恭平さん。同じ日本橋エリアに店を構えている者同士というだけでなく、「ナチュラルワイン好き」という共通点もあり、夜な夜なワインを飲み交わしているのだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.