くらし情報『暮らしのテクニックを〈帝国ホテル〉のプロが伝授!きれいなアイロンがけのコツと技。』

2020年10月22日 12:00

暮らしのテクニックを〈帝国ホテル〉のプロが伝授!きれいなアイロンがけのコツと技。

目次

・【step #1】まずは襟&袖口の厚手部分からスタート。
・【step #2】袖全体は、袖口から脇にかけて真っ直ぐしっかりと。
・【step #3】デリケートなボタン部分は、裏から軽くかけよう。
・【step #4】前と後ろの身ごろは範囲を決めて丁寧に。
・【step #5】縫い目に合わせて最後の仕上げ!
・完成!
暮らしのテクニックを〈帝国ホテル〉のプロが伝授!きれいなアイロンがけのコツと技。

テレワークが進み、自宅はもちろん、カフェやシェアオフィスで仕事するなど、働き方が多様化している。しかし、環境が変わっても、仕事はいつも通りこなすことを求められるという現状も。今までと変わらぬパフォーマンスを維持するためにも、働きやすい環境を整えるのも大事なこと。そこで今回は〈帝国ホテル〉が教えてくれた『きれいなアイロンのかけ方』をご紹介。シンプルだけど難しいアイロンがけ。そのコツと技を5つのプロセスで家庭向けに分かりやすく伝授します。

形や折り目が難しく、ついつい諦めがちなシャツのアイロンがけのコツを教えてくれたのは、日本で初めてランドリーサービスを導入した〈帝国ホテル〉のランドリーマネージャー・浅野昭夫さん。「まずは衣服の素材を確認しましょう。今回は綿のシャツなので、家庭用アイロンの高温(約200°C)で対応できます。全体の流れとしては、面積の狭い厚手の部分から広い部分へかけていくイメージ。範囲が広い背中や前開きの部分は、ほかの部分をかけている最中にシワが付きやすいからです。かけ終えた後はシワになりやすいので、ハンガーにかけて少し冷ますことをオススメします」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.