くらし情報『京都で大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台〈本能寺〉へ。織田家&明智家の家紋入り「御朱印帳」を入手せよ!』

2020年10月29日 15:00

京都で大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台〈本能寺〉へ。織田家&明智家の家紋入り「御朱印帳」を入手せよ!

目次

・こんなところに本能寺が
・織田家と明智家の家紋にときめく!期間限定の「御朱印帳」。
・織田信長の愛刀が眠る墓で、祈りを捧げる。
・『本能寺の変と天下人』展を1月31日まで開催中!
京都で大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台〈本能寺〉へ。織田家&明智家の家紋入り「御朱印帳」を入手せよ!

2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の最終回が2月7日になることが発表され、クライマックスへ向けて注目を集めている京都の〈法華宗大本山 本能寺〉。明智光秀が君主・織田信長を討った場所としてあまりにも有名なこのお寺は、戦国時代に最強と言われた武将・信長公に見守られているような「気」をそこはかとなく感じる“パワースポット”でもあります。現在、2021年1月31日までの期間限定で特別展示『本能寺の変と天下人』を開催中。期間限定のオリジナル御朱印帳&御朱印をいただくことができます。

こんなところに本能寺が

京都で大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台〈本能寺〉へ。織田家&明智家の家紋入り「御朱印帳」を入手せよ!

総門。明治12年にこの場所に移設された登録有形文化財です。

京都の寺町通商店街をテクテク歩いているとひょっこり現れる〈本能寺〉。歴史的に有名なお寺が日常に溶け込んでいるのが古都のスゴイところ。最寄り駅の阪急電車「京都河原町駅」は、昼夜問わず賑わう四条河原町や先斗町、祇園が徒歩圏内と、京都観光にとても便利な立地です。

〈本能寺〉は法華宗の大本山。1415年に日隆聖人が建立した本応寺が前身で、1433年に四条坊門の北に再建されたおり、現在の寺名に改められました。

京都で大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台〈本能寺〉へ。織田家&明智家の家紋入り「御朱印帳」を入手せよ!

まずは本堂へお参り。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.