くらし情報『戦国武将のドラマが生まれた土地、岐阜県で史跡と伝統を訪ねる旅。』

2020年10月27日 15:00

戦国武将のドラマが生まれた土地、岐阜県で史跡と伝統を訪ねる旅。

目次

・難攻不落の城としても知られた岐阜の絶景ポイント〈岐阜城〉。
・伝統の技を感じる格子戸の町、川原町を散策。
・関ケ原の戦いを追体験できる〈岐阜関ケ原古戦場記念館〉。
戦国武将のドラマが生まれた土地、岐阜県で史跡と伝統を訪ねる旅。

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟が来る』で脚光を浴びている武将、明智光秀や斎藤道三、織田信長のゆかりの地、岐阜県。岐阜市は織田信長の城下町として栄え、信長の死後には県西部の関ケ原町が徳川家康による天下統一に繋がった関ケ原の戦いの舞台となりました。『麒麟が来る』の盛り上がりに加え、今年は関ケ原の戦いから420年。歴史好きに限らず、興味をそそられる岐阜県を訪ねました。

難攻不落の城としても知られた岐阜の絶景ポイント〈岐阜城〉。

岐阜市内で2番目に高い山、金華山にそびえ立つ〈岐阜城〉。戦国時代には斎藤道三、そののち織田信長が居城としました。山の頂上に建っている城は「難攻不落の城」と知られています。現在はロープウェイに4分乗れば気軽に訪れることができます。

戦国武将のドラマが生まれた土地、岐阜県で史跡と伝統を訪ねる旅。

岐阜城にはロープーウェイで。
戦国武将のドラマが生まれた土地、岐阜県で史跡と伝統を訪ねる旅。

顔ハメもあります。
戦国武将のドラマが生まれた土地、岐阜県で史跡と伝統を訪ねる旅。

斎藤道三に扮する本木雅弘さんの蝋人形。
戦国武将のドラマが生まれた土地、岐阜県で史跡と伝統を訪ねる旅。

指に注目!毛が生えています。

ロープウェイ乗り場には、2020年NHKの大河ドラマ『麒麟が来る』で斎藤道三を演じた本木雅弘さんの人形や直筆サインのパネルなどが置かれています。本木さんにそっくりで迫力ある蝋人形は、指の毛まで生えています。本木さんのリクエストに応えたそうですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.