くらし情報『食欲の秋は〈山梨〉へ!ブランドサーモン「富士の介」とワインのマリアージュを堪能する旅。』

2020年11月2日 07:00

食欲の秋は〈山梨〉へ!ブランドサーモン「富士の介」とワインのマリアージュを堪能する旅。

目次

・山梨の清らかな水で育ったブランドサーモン「富士の介(ふじのすけ)」。
・「キングサーモンのおいしさ」×「ニジマスの育てやすさ」を継承。
・石和温泉の〈旅館きこり〉で、「富士の介」三昧のランチコース。
・山梨県のお墨付き「やまなしグリーン・ゾーン認証施設」とは?
・創業135年の老舗〈ルミエール ワイナリー〉を見学&ワイン試飲。
・お土産に山梨ワイン!「石蔵和飲」とオレンジワインに注目。
食欲の秋は〈山梨〉へ!ブランドサーモン「富士の介」とワインのマリアージュを堪能する旅。

「Go To トラベル」キャンペーンで旅熱が盛り上がる秋、山梨県が主催するプレスツアーへ参加してきました。目玉は、県を上げて育成するブランドサーモン「富士の介(ふじのすけ)」と、ワイン王国・山梨ワインとのマリアージュ。「山梨ヌーボー」解禁日の2020年11月3日からは、山梨県内にある計31のレストランや宿で『富士の介フェア』が初開催されます。その舞台はすべて県独自の厳しい感染症対策項目をクリアした「やまなしグリーン・ゾーン認証施設」。詳細をレポートします!

山梨の清らかな水で育ったブランドサーモン「富士の介(ふじのすけ)」。

食欲の秋は〈山梨〉へ!ブランドサーモン「富士の介」とワインのマリアージュを堪能する旅。

精悍な顔つきが特徴の「富士の介」。

東京からバスで走ること約2時間。まず到着したのは、山梨県のブランドサーモン「富士の介」を開発した〈山梨県水産技術センター忍野支所〉(※以下、センター)。

富士山、南アルプス、八ヶ岳、奥秩父などの山々に囲まれた山梨県は、ミネラルウォーターの生産量日本一としても知られる名水の郷ですが、清らかな天然水を贅沢にかけ流して育てられているサーモンが「富士の介」です。

食欲の秋は〈山梨〉へ!ブランドサーモン「富士の介」とワインのマリアージュを堪能する旅。

普段は見学できませんが、特別に視察が叶いました。水槽から「富士の介」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.