くらし情報『東京駅にサスティナブル&ダイバーシティフードの昆虫食が集結。』

2020年12月1日 18:00

東京駅にサスティナブル&ダイバーシティフードの昆虫食が集結。

東京駅にサスティナブル&ダイバーシティフードの昆虫食が集結。

2020年11月26日〜29日の4日間、東京駅で昆虫食がズラリと並ぶ『虫グルメフェスVol.0』が開催されました。昆虫は見た目とは裏腹に、高タンパク質で良質な脂肪、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを含む栄養価の高いスーパーフード。東京駅でじっくりと昆虫食の魅力を体験してきたので、詳しくご紹介します。

バラエティ豊かな昆虫食がズラリ。

東京駅にサスティナブル&ダイバーシティフードの昆虫食が集結。

ハンバーグ食べ比べセット 3種1400円/1種700円(税込)。

昨年〈渋谷PARCO〉にオープンし、ハンバーガーやスイーツなどのBUGカフェメニューが人気の〈米とサーカス〉。こちらのブースで、人気のハンバーグセットを試してみました。

昆虫を初めて食べる人にも親しみやすい「コオロギ10%+牛豚合挽肉」のハンバーグ(右)と、「コオロギ10%+天然ジビエ 鹿肉」(中央)、「コオロギ20%+ひよこ豆/米/野菜」(左)のハンバーグ食べ比べセット 3種1400円(税込)。

添えてある塩がお肉の旨みを引き出します。口の中でスッと引いてゆくアッサリとした味わい。ほのかにコオロギの香ばしさを感じます。

東京駅にサスティナブル&ダイバーシティフードの昆虫食が集結。

スズメバチ飴 1本700円(税込)。

次にいただいたのは〈米とサーカス〉のスズメバチ飴 1本700円(税込)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.