くらし情報『「空港」でしか買えない本『Perch』を書き下ろし!芸人・作家の又吉直樹さんにインタビュー。』

2020年12月7日 12:00

「空港」でしか買えない本『Perch』を書き下ろし!芸人・作家の又吉直樹さんにインタビュー。

目次

・息苦しさの中で見つけた『Perch』という新たな遊び場
・又吉直樹
「空港」でしか買えない本『Perch』を書き下ろし!芸人・作家の又吉直樹さんにインタビュー。

人生の一幕を彩ってきたキーパソンに焦点を当てて、自身の転機や成長を振り返る新連載『HANAKO PEOPLE』が今月号よりスタート。記念すべき第一回目のゲストは芸人・作家として活躍中の又吉直樹さん。今回は、書き下ろしアンソロジー『Perch』のお話とともに、撮影時のこぼれ話をお届けします。

息苦しさの中で見つけた『Perch』という新たな遊び場

「空港」でしか買えない本『Perch』を書き下ろし!芸人・作家の又吉直樹さんにインタビュー。


お笑いコンビ「ピース」として、そして作家として、独自の表現の世界を行き来する又吉直樹さん。新たな試みとして書き下ろされたアンソロジー『Perch』は、今までに発表した作品たちとは位置づけが違うものだといいます。

「文章とコントが全く同じとは思わないですが、『Perch』は僕が月イチでやっているお笑いライブ『実験の夜』をやるときと感覚が似ているんです。こじんまりとした規模の中で、思いついたこと、やりたいことを実験的に自由にやれて、スベっても致命傷にはならない場というか。反対に小説は、お笑いで例えると大きな会場を押さえて、年に1回だけやるような一世一代の大舞台になってしまっているんです。絶対に失敗は許されへんっていう。
芸人の感覚としては、新しいネタはまず小さい劇場でやってみて、ある程度育ててからテレビに持っていくというサイクル。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.