くらし情報『おひとりさまの心地いい部屋はどう作る?映画『私をくいとめて』作原文子さんインタビュー』

2020年12月18日 18:00

おひとりさまの心地いい部屋はどう作る?映画『私をくいとめて』作原文子さんインタビュー

家の中に高価なものがあるわけではないけれど、自分の好きなものや必要なものを自分なりのアレンジで楽しんで使っていて、そういった暮らしぶりを見てほしいなと思います。

最近はコロナ禍によって自宅にいる時間も増えて、好きなものが明確になった人も多いと思います。「部屋が狭い」とか「素敵な家具が買えない」と嘆くよりも、まずは等身大で買えるもので本当に自分が気に入ったものを置いて、アレンジしながら生活に取り入れる。そうやってセンスを磨くのも楽しいよ、ということが伝わったら嬉しいです。

使い方や場所を限定せずに、好きなものを好きなように使ったらいいんですね。みつ子の家がどうしてあんなに居心地がよさそうなのかわかった気がしました。

のんさんもアートやデザインが好きな方で、私が用意したものに対して「これ、どうやって使うんですか」とか興味深く聞いてくださったのが印象的でした。撮影終了後には「みつ子の部屋から演技のヒントを与えていただきました」とおっしゃってくださったのもとても嬉しかったですね。

おひとりさまの心地いい部屋はどう作る?映画『私をくいとめて』作原文子さんインタビュー

「ちょっと笑えるアイテムも散りばめています」と作原さん。
おひとりさまの心地いい部屋はどう作る?映画『私をくいとめて』作原文子さんインタビュー
大久明子監督とは映画『恋するマドリ』(07)以来、二度目のタッグとなった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.