くらし情報『台湾の家庭でポピュラーなスープ「養生紅棗地瓜湯」のレシピ。カラダを気遣う薬膳のある暮らし。』

2020年12月20日 10:52

台湾の家庭でポピュラーなスープ「養生紅棗地瓜湯」のレシピ。カラダを気遣う薬膳のある暮らし。

目次

・【作り方】
・母から受け継いだレシピが家族の健康を支えている。
・Navigator…哈利(ハリー)
台湾の家庭でポピュラーなスープ「養生紅棗地瓜湯」のレシピ。カラダを気遣う薬膳のある暮らし。

体を温めたり、気力をみなぎらせるなど、台湾人の元気の源は漢方にある。彼らの暮らしを漢方がどう支えているのだろう。今回は、台湾で活躍するインスタグラマー・哈利(ハリー)さんに台湾の家庭でもっともポピュラーなスープ「養生紅棗地瓜湯」のレシピを教えてもらいました。
台湾の家庭でポピュラーなスープ「養生紅棗地瓜湯」のレシピ。カラダを気遣う薬膳のある暮らし。


【作り方】

【材料(4人分)】
・さつまいも…2本
・ナツメ…12~16個
・ドライリュウガン…8~12個
・クコの実…小さじ1
・生姜…6~8片
・黒砂糖…大さじ2水…1l
※ドライリュウガンは漢方薬局で入手可能。なくてもOK。

1.生姜は洗って、薄くスライスする。さつまいもも洗って、皮をむいたら小口切りにする。あまり薄すぎると煮崩れするので注意する。

2.鍋に水を入れて火にかけ、煮立ったらナツメ、生姜、さつまいも、リュウガンを入れて弱火で10分から15分煮る。

3.クコの実と黒砂糖を加え、砂糖が溶けたら火を止める。

母から受け継いだレシピが家族の健康を支えている。

台湾の家庭でポピュラーなスープ「養生紅棗地瓜湯」のレシピ。カラダを気遣う薬膳のある暮らし。

身近な素材で薬膳を。/東洋医学では体を冷やさないことが重要とされる。体を温める食べ物といえば生姜。スープにも飲み物にも、冬は特に多用される。
台湾の家庭でポピュラーなスープ「養生紅棗地瓜湯」のレシピ。カラダを気遣う薬膳のある暮らし。

リュウガンも栄養豊富。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.