くらし情報『疫病退散、無病息災の御利益あり!仏像イラストレーターが選ぶおすすめ拝観スポット12選』

2021年1月1日 12:00

疫病退散、無病息災の御利益あり!仏像イラストレーターが選ぶおすすめ拝観スポット12選

目次

・【薬師如来(やくしにょらい)】災いを消し、健康長寿へ。病を治す薬を与える医薬の仏。
・【青面金剛(しょうめんこんごう)】疫病退散のために現れた、帝釈天からの使者。
・【不動明王(ふどうみょうおう)】怒りの表情で邪悪を払い、すべての人を救うお不動様。
・【牛頭天王(ごずてんのう)】蘇民将来(そみんしょうらい)の伝説に繋がる牛頭を冠する疫病退散の神。
・【地蔵菩薩(じぞうぼさつ)】優しいお顔の身近な仏様。大きな慈悲の心で人々を救う。
・【十一面観音(じゅういちめんかんのん)】11の顔で全方位を常に見てどんな苦難も見逃さない。
疫病退散、無病息災の御利益あり!仏像イラストレーターが選ぶおすすめ拝観スポット12選

とくに疫病退散や無病息災の御利益がある神様や仏様を、仏像イラストレーターの田中ひろみさんに選んでいただきました。今こそ、その尊いお姿を拝観して、病に打ち勝つ力をいただきたい!12月28日(月)発売 Hanako1192号「幸せをよぶ、神社とお寺。」よりお届け。

【薬師如来(やくしにょらい)】災いを消し、健康長寿へ。病を治す薬を与える医薬の仏。

疫病退散、無病息災の御利益あり!仏像イラストレーターが選ぶおすすめ拝観スポット12選

疫病退散、無病息災の御利益あり!仏像イラストレーターが選ぶおすすめ拝観スポット12選

〈新薬師寺(しんやくしじ)〉/奈良
疫病退散、無病息災の御利益あり!仏像イラストレーターが選ぶおすすめ拝観スポット12選

〈薬師寺(やくしじ)〉/奈良

病気を治し衣食住を満たす、生きている人々の願いを叶えるといわれる仏様。「古来、病気平癒を願う仏様なので、まずこちらに手を合わせたい」(田中さん、以下同)

【拝観できるお寺】
1.〈新薬師寺(しんやくしじ)〉/奈良
747年に創建。2m近くある御本尊の薬師如来坐像と、ぐるりと円陣を組んで護衛する十二神将の像は圧倒的な迫力。本堂左側の地蔵堂には十一面観音菩薩立像や地蔵菩薩立像など数々の仏像を安置。
奈良県奈良市高畑町1352
0742-22-3736
9:00~17:00

2.〈薬師寺(やくしじ)〉/奈良
680年に天武天皇が、後に持統天皇となる皇后の病気平癒を祈って発願したお寺。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.